余市がウイスキーづくり最適地の理由【マッサン】

朝ドラ『マッサン』劇中で、マッサンが余市をウイスキー製造の理想の地と語る理由をまとめました。

マッサン劇中で説明された余市がウイスキーづくり最適地の理由

朝ドラ『マッサン』で、出張先の北海道小樽で知り合った森野熊虎に誘われてはじめて訪れた余市の土地がウイスキー製造に極めて適した土地であるとマッサンは直感。

直感の根拠は、森野熊虎邸での雑魚寝から目を覚まし手洗いに立ったマッサンは、厠の窓から川に沿って立ちこめる霧を発見。霧、すなわちウイスキーづくりに必要な適度な湿度がある証拠です。

霧の立ちこめる川に駆けつけたマッサンは、その川の水が上質な水であることを確認。さらに近くに豊富なピート(泥炭)も発見。適度な湿度、良質の水、ピート。これら三つの要素が余市がウイスキーづくりの最適であると劇中で説明されています。

リアルにて、余市がウイスキーづくり最適地の理由

リアルのマッサンは、劇中で説明された三つの要素、

・適度な湿度
・良質の水
・ピート

に加えて以下の要素から余市を最適値と判断したようです。

・北海道が大麦の産地であること
・酒樽に用いる木材が豊富なこと
・石炭が豊富なこと

そして何より霧の立ちこめた風景がスコットランドにそっくりで、リタさんを喜ばせることが出来るというのが大きかったようです。

朝ドラ『マッサン』劇中で、マッサン一家は間もなく余市に移住。余市の風景をはじめて自分の眼で見るエリーちゃんの反応。そのエリーちゃんの反応を満足そうに見守るマッサン。そんな二人の姿を美しい風景の中で見る日が実に楽しみです。

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ