マッサン 18週以降の予想 ネタバレあり

朝ドラ『マッサン』17週までの物語は大筋が判明していますが、18週以降どのような展開になるのか気にされている方が少なくないようです。そこで当ブログで予想してみました。

マッサン 18週以降 確実に登場する場面 ネタバレあり

18週以降で確実に登場することがわかっているのはマッサンが設立したドウカ(北海道果汁)製造のウイスキー初出荷の場面。昨秋、ヒゲをたくわたマッサンと成長してセーラー服を着たエマちゃんがいる収録場面の映像が放送されましたが、その場面です。

この場面はマッサン一家が余市に移住した昭和7年から6年ほど経過した頃になるかと思います。余市の工場が操業を開始するのが、移住から1年経た昭和8年。そこから原酒の仕込みをはじめたとして5年。よって初出荷は昭和13年頃となる計算です。

ところで、初出荷の時のマッサンの年齢は46歳、エリーちゃん42歳、そしてセーラー服姿のエマちゃんは15歳とのことです。また、学生服姿で初登場した森の熊さんの長男・一馬くんはこの時はドウカ(北海道果汁)の社員になっています。

マッサン 18週以降の予想

ここより以下は史実を参考にした予想なので外れる場合があります。

上に記した初出荷の場面の昭和13年頃といえば、日中戦争を経て日本と英米との激突が激しさを増しつつある時代。英米が敵国となる中、母親が敵国出身であることで差別され苦悩するエマちゃんが描かれるのではないかと思います。

これまでのエリーちゃんは、野々村家、鴨居家の家族の確執を解決してきましたが、今度は自分が親子の確執に苦悩する、そんな辛い日々が18週以降に登場するのではないかと予想しています。また史実に近い物語展開をすれば、千加子お姉ちゃんの次男を養子に迎える日もそろそろ描かれるかも知れません。

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ