梅ちゃん先生 107話 信郎が梅子にプロポーズ

連続テレビ小説(朝ドラ)『梅ちゃん先生』
本放送:2012年8月4日(金)放送
再放送:2015年2月6日(金)放送
第18週 第107話「大切な人」

『梅ちゃん先生』第18週 第107話「大切な人」あらすじ

逮捕された陽造のことが心配でならない梅子は、正枝に建造と陽造の兄弟の過去について尋ねました。経済的な浮き沈みが激しい陽造の生き方は、建造と陽造の父譲りだと語り出す正枝。建造と陽造の生まれた家はそんな父のせいでお金に困っていました。

勉強の良く出来た建造は下村家に養子として迎えられました。建造が医大に入学した頃から陽造は建造から借金を繰り返すように。そんな陽造を見るに見かねて正枝は陽造にお金を貸すように。そのことが仲の良かった兄弟の間に溝をつくってしまったと悔いる正枝。

取り調べを受けている陽造を案ずる梅子は、陽造との面会を求めて警察署へ。しかし警察官からはまったく相手にされず、梅子は雨の中に放り出されてしまいます。雨に打たれながら途方に暮れている梅子の前に傘を差し出す男。信郎でした。

人のことばかり心配するところが梅子らしいと励ます信郎の口から意外な言葉。信郎は梅子に求婚したのです。梅子の答えは「馬鹿!」。続けて梅子は言いました。ずっと一緒にいてほしいと。

『梅ちゃん先生』第18週 第107話「大切な人」感想

梅ちゃんの信郎くんの二人が実はお互いに求め合っているのではないかと洞察していた陽造叔父さん。しかし梅ちゃんと信郎くん、それぞれに見合い話が浮上するのと同時に、陽造叔父さんは物語の中心から退場。退場直後に二人の見合いはそれぞれ破談。

見合いはなくなり、再び梅ちゃんと信郎くんがお互いに向き合う絶好のタイミングに退場していた陽造叔父さんはまさかの逮捕。梅ちゃんと信郎くんを向き合わせることが出来る唯一の人物の退場、そして逮捕は痛い!と思っていたのは全回まで。

しかし、その陽造叔父さんに面会に通ったことがきっかけで梅ちゃんと信郎くんが向き合う機会が出来、二人はついにゴールイン。勾留されながらもなお、二人を結びつけることが出来た陽造叔父さん恐るべし。

梅ちゃんと信郎くんの二人はこれで片付きましたが、次の懸案事項は建造お父さんと陽造叔父さんの兄弟の確執。仲の良い兄弟だった少年時代の建造と陽造。いつも兄の後を追って遊んでいた兄と弟の関係の原風景に二人は戻れるのか。

きっと戻れるのでしょう。では、どうやってそこまで兄弟の関係を持って行くのか。深い溝が出来てしまった二人の心を溶かすのか。どんな解決策を見せてくれるのか、楽しみでなりません。

<<前回106 | 次回108話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ