梅ちゃん先生 108話 建造と陽造/梅子と信郎

連続テレビ小説(朝ドラ)『梅ちゃん先生』
本放送:2012年8月5日(土)放送
再放送:2015年2月7日(土)放送
第18週 第108話「大切な人」

『梅ちゃん先生』第18週 第108話「大切な人」あらすじ

陽造の面会が許可されることになりました。梅子は早速、そのことを建造に報告。翌日、陽造と面会するよう梅子に頼まれるものの建造は拒否。しかし、陽造も自分の息子のようなものだと考える正枝が、建造の面会拒否を許しませんでした。

明くる日、建造は拘留中の陽造と面会。建造の訪問を受けた陽造は、建造が下村家に養子に入った後、物乞い同然の暮らしを強いられていた悔しさを吐露。それ以来、建造に負けたくない一心で今日まで生きて来たと語り始めました。

しかし、心優しい子供たちに恵まれた建造に負けた。自分を心配してくれる者など誰もいないと孤独な胸の内を告白する陽造に建造は言います。子供たちも正枝も陽造を家族だと思っている。心から反省し自分のところに戻って来いと。兄弟は和解しました。

そんなある日、信郎は下村家と安岡家の面々を集めると梅子とともに二人が結婚することを発表。突然のことに驚く建造でしたが意外にもあっさりと二人の結婚を許します。幸吉も感涙を隠しつつ結婚を認め、梅子と信郎は皆からの祝福を受けるのでした。

『梅ちゃん先生』第18週 第108話「大切な人」感想

建造お父さんと陽造叔父さんがいつか和解をはたすだろうことは予想できましたが、どんなプロセスを踏んで和解に至るのかは全く見当がつきませんでした。そしてその和解に至るプロセスがついに今回登場。

正枝さんが建造お父さんの背中を押すことになるとは。しかし、考えてみれば建造お父さんを黙らせることが出来るのは家族の中では正枝さんだけで、他には一人もいません。竹夫くんもまだ無理。だから当然の流れなのかも知れません。

しかしそんな中、親の指図する気かと建造お父さんから一喝されても必要な時はするときっぱり反論する梅ちゃんが美しい。大好きな陽造叔父さんを立ち直らせたいというその本気が建造お父さんにも伝わったのでしょう。

陽造叔父さんを諭す建造お父さん。梅ちゃんの気持ちをしっかりと伝えました。そして陽造叔父さんに真っ正面からぶつかる建造お父さん。大仰でもなく控えめでもない、これまで見た事がないようなシンプルで美しい和解の場面でした。いいものを見せてもらいました。

仲の良かった少年時代の絆を取り戻すことが出来た建造・陽造兄弟。来週以降の二人の顔合わせが楽しみでなりません。またきっとお互いに毒舌吐きまくるのでしょうが、今度は安心して、というか笑いながら見ていられそうです。

そして梅ちゃんと信郎くんがついにゴールイン。建造お父さんが驚くほどあっさり二人の結婚を認めてしまうのには肩すかしをくらいました。もっとごねるものとばかり思っていたもので。幸吉親父の反応も幸吉親父らしいチャーミングさがたまりません。

<<前回107 | 次回109話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ