熊虎の長男・一馬(演:堀井新太)とエマは恋仲に?【マッサン】

父親(森野熊虎)とワケありな長男・森野一馬(演:堀井新太)について判明していることをまとめました。ネタバレが含まれます。ご注意下さい。

森野熊虎の長男・一馬(演:堀井新太)

マッサンが鴨居商店の営業時代に、出張先の小樽で知り合った森野熊虎の案内ではじめて余市を訪問した時のこと。熊虎のニシン御殿でマッサンが一泊した際に、学生服姿でほんの一瞬だけ登場した熊虎の長男・一馬(演:堀井新太)。

長女のハナの明るい性格とは真逆で、父親に対してなにやら複雑な感情を抱いていそうなオーラを発散していた一馬。マッサンが余市に移住した週では、ついに熊虎と一馬と親子バトルが勃発。しかし、この一馬という青年。今後とても重要なキャラになりそうです。

そこで、この記事を記した時点で判明している森野一馬関連情報をまとめてみました。

一馬とエマは恋仲に?

2015年1月19日現在判明しているあらすじによれば、これまで家族を顧みず仕事ばかりだった父親と、そんな父親の生き方を嫌う一馬の間には深い確執があるようです。鴨居の大将と長男・英一郎の関係とも一部重なりますね。

また、これまで熊虎の奥さんが一度も登場していませんが、鴨居親子の時と同様、熊虎の妻すなわち一馬の母親が、森野家の父と息子の確執にからんでいるようです。ちなみにこの先、エリーが熊虎の妻への愛情を察する場面もあるそうです。

以上の断片情報から予想できるのは、野々村家、鴨居家についで、森野家の親子間問題をエリーが解決に導く展開になりそうです。ここまでは今週中(第16週)にはすべて明らかになると思います。

さて、親子間問題が解決された後に関して。以下はすべて確定情報です。マッサンが余市でつくったウイスキー第一号初出荷の頃、一馬はマッサンが経営するドウカの社員になっています。公式サイトによれば、一馬はマッサンの生き方を尊敬しているとか。

そして成長した養女・エマがこの一馬に恋をするエピソードが登場!しかし、その頃はすでに米国との戦争がはじまっている頃。一馬には赤紙が来て召集されることに。悲しい物語が展開しそうです。

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “熊虎の長男・一馬(演:堀井新太)とエマは恋仲に?【マッサン】”

  1. yuri より:

    いつみ拝観していただきありがとうございます!

    視聴率が最近、最低20%程度台だった。第12週以降20%をキープだった。
    史実とは違ったより離れてオリジナルドラマがかなり低下だと思われます。
    残念です。

    一馬くんは太平洋戦争を開戦して、召集兵されるようですね。悲しいストーリーですね。

    今年は戦後70年を迎えます。太平洋戦争は悲しい出来事です。

    私が生まれた時、平和だった。当時は戦争の体験しか知らなかった。初めて、戦争の出来事について知りました。歴史的な出来事だった。

    今、ずっと平和を続けています。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      2月には一馬が召集される悲しいエピソードが登場します。いよいよ『マッサン』は困難な時代に突入します。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ