エリーは漬け物・塩辛を極めるか?/名人だったリタ【マッサン】

朝ドラ『マッサン』第96話劇中、エリーが熊虎の長女・ハナに漬け物を教わる場面が登場。熊虎も塩辛にしろとイカを持参。エリーの漬け物や塩辛についてまとめました。

漬け物・塩辛名人だったリタさん

一昨年、朝ドラ『マッサン』の制作が発表された際、モデルになったリタさんに関して漬け物や塩辛づくりにおいて日本人を唸らせるレベルだったと解説していました。その史実をベースにした場面が第96話の上に記した場面かと思います。

漬け物や塩辛を極めたリタさんは、毎年9月には365本の大根を干し始めたとの由。365本ということは毎日一本づつ食べるペースで一年分を用意したということでしょうか。11月には干した大根を漬け始め、食べる季節によって漬け込む塩加減を変えたという手の込みよう。

また塩辛も、人の体温が塩辛を美味しくすると毎日素手でかき混ぜていたと養息の嫁・歌子さんが言葉を残しています。また、その歌子さんに漬け物や塩辛をリタさんが教えられるレベルにまでなっていたことをリアル・マッサンが自著に記しています。

朝ドラ『マッサン』劇中で描かれる漬け物とイカの塩辛

熊虎の長女・ハナがエリーに指南した漬け物とイカの塩辛。このことがきっかけで、漬け物と塩辛をエリーはマスター。将来、マッサンとエリーは姉の千加子の次男を養子に。その養子が嫁をもらった時、エリーがその嫁に漬け物とイカの塩辛づくりを指南する場面が再現されるかも知れません。

ちなみに、リタさんは和食づくりを極めたものの、自分自身が和食を食べることは滅多になかったそうです。はたして朝ドラ『マッサン』劇中で、エリーは漬け物やイカの塩辛を食べることになるでしょうか。

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ