マッサン 121話 昭和18年、エマと一馬

連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2015年2月23日(月)放送
第21週 第121話 「物言えば唇寒し秋の風」

『マッサン』第21週 第121話 「物言えば唇寒し秋の風」あらすじ

昭和18年(1943年)秋。エマは女学校を卒業し勤労奉仕で軍服縫製の仕事をしていました。その頃、男たちは次々に召集され戦地に送り込まれていました。余市からは次第に男の数が少なくなりつつあるのでした。

一方、政春はウイスキーの原酒の仕込みとブレンド技術を磨き上げることに励む日々。量を求める海軍のためでなく未来のための仕事をしていると言い切る政春に、俊夫は未来のための跡継ぎをそろそろ考えておく時期だと進言。

そんな中、ブドウ酒の製造過程で出来る酒石酸を納入せよとの軍令が政春に下されました。その仕事を任せて欲しいと名乗りを上げる一馬。政春は一馬に酒石酸を取り出す仕事を一任し、山ブドウを用いたブドウ酒の仕込みがはじまりました。

その頃、将来の自分の夢が見つからない悩みをエマは一馬に相談。エマの心の成長は一馬を驚かせます。エマの成長はまた、エマをまだ子供だと思っている両親、特にエリーとの関係をギクシャクしたものにさせるのでした。

<<前回120話 | 次回122話>>

『マッサン』第21週 第121話 「物言えば唇寒し秋の風」
 事前発表あらすじのレビューと解説

さて、今週はエマの週です。北海道果汁設立直後にもエマの週がありましたが、その時はまだ幼かったエマは母親との見た目のギャップに小さな胸痛めるエピソード。そして、今回は成長後のエマの恋のおはなし。また、恋をめぐってエリーとの対立も描かれます。

エマのモデルとなったリマさんですが、このリマさんについては不明な点も多く伝えられている各エピソードについても脚色されている可能性が大。よって、エマについてはあくまでもオリジナルキャラクターとの認識で楽しむほうが懸命のようです。

さて、エマの恋の相手は森の熊さんの秀才の長男・一馬くん。朝ドラ『マッサン』劇中での主人公以外の恋バナで、しかも二人揃って若い!ケースはこれが初です。(初恋バナは俊ニイとハナでしたが、俊ニイはすでに中年でした)

また時代は昭和18年。戦局は悪化し、若い男性が次々と召集されてゆく時代を迎えています。そんな時代を背景にした恋とえいば悲恋が鉄板ですが、そこにエリーの悲しい過去や工場の承継問題が複雑にからみ、見ごたえのある週になりそうです。

追記。酒石酸という言葉が登場しますが、『花子とアン』の地主・徳丸さまが「潜水艦を探すのに必要な成分」と言っていたのがこの酒石酸です。

『マッサン』第21週 第121話 「物言えば唇寒し秋の風」
 朝ドラ観賞後の感想

戦局がますます悪化した時代に突入しました。昭和18年秋は学徒出陣がはじまった頃で、学生まで召集しなければならないほど戦力すなわち兵隊さんの数が不足していた頃。その頃、
エマちゃんは女学校を卒業し勤労奉仕。女学校を卒業しても尚、エマいじめは継続。

そんな中で、今週のお題の一つは後継者問題。マッサンも俊ニイも50歳を過ぎ、当時の男性の平均寿命が50歳そこそこだったことを考えれば、かなり真剣に考えなければいけない時期です。俊ニイがそれを最初に言いだしたのは亀山酒造での技の伝承を見続けて来たこともあるのでしょうか。

今回はまだ一馬くんは後継者候補としてはその名は挙がってはきませんが、海軍から依頼のあった仕事を任せてほしいと名乗りを上げました。そのことを心から喜ぶマッサンの笑顔はもはや一技術者の顔でなく、大将の顔。地位が人を育てるというやつでしょうか。

一方で、もはや子供ではないエマちゃん。幼少期のリトルエマちゃんが、玄関で脱いだ靴を揃えない場面が幾度か描かれましたが、その頃のちょっとばかりだらしないところは今だに改善されていないのが可愛い。

そんなエマちゃんの引き出しの中を勝手に整理整頓するエリーちゃん。まだエマちゃんを子供だと思っているのがこの行動から見え隠れ。と、同時に整理整頓しながら「だらしない」と珍しく強い言葉を使うエリーちゃん。小言が増えたところに加齢を感じます。外出できないストレス、日夜特高に監視されているストレスも相当なものかと思います。

<<前回120話 | 次回122話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “マッサン 121話 昭和18年、エマと一馬”

  1. えびすこ より:

    今週はマッサン自身には大きな動きはなさそうですね。
    50歳にさしかかるマッサンをまだ「坊っちゃん」と呼ぶ俊夫さん。
    もうすぐ本当の坊っちゃん(悟くん)が来るのですが、そうなるとマッサンを「社長」と呼ぶしかないですね。
    マッサンで1つ残念なところは若い男性の俳優が出たと思うと短期間でいなくなってしまう点。英一郎の弟は出るのでしょうか?そういえばマッサンの姉妹の影も薄い。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      若い男性俳優、言われてみればそうですね。
      悟くんも登場してすぐに結末を迎えます。
      英一郎くんの弟は出ないようです。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ