昭和8年当時の札幌と函館の百貨店【マッサン】

出資者の要請でマッサンが販路開拓することになった昭和8年(1933年)当時の札幌と函館にあった百貨店についてまとめました。

マッサンが営業した昭和8年当時の札幌と函館の百貨店

朝ドラ『マッサン』劇中、出資者の渡さんからりんご汁で利益を生み出すまではウイスキーづくりは許さないと言い渡され、百貨店への売り込みを同じく出資者の野々村さんからすすめられるマッサン。

大阪から余市に戻ったマッサンは、早速、札幌と函館にある百貨店への営業を開始することを俊夫と一馬に告げましたが、昭和8年当時、札幌と函館にはどんな百貨店があったのか調べてみました。

札幌と函館の百貨店の歴史

札幌で最初の百貨店は明治39年(1906年)に開店した札幌興農園(後に「五番館」に屋号変更)。大正5年(1916年)にはレンガと石造3階建てのモダンな建物で開店した丸井今井。そして昭和7年(1932年)に三越が札幌店を開店。

朝ドラ『マッサン』劇中で、マッサンが営業をはじめた昭和8年(1933年)頃、上に記した百貨店が札幌の三大百貨店と呼ばれていました。尚、その頃これら三大百貨店は「三越は見る店、丸井は遊ぶ店、五番館は買う店」と呼ばれていたとか。

一方の函館では、札幌に大正5年に開店した丸井今井が大正12年(1923年)に函館の地に大理石柱を玄関に据えた豪華な店舗を開店。大正14年(1925年)に森屋百貨店、そして昭和6年(1931年)に荻野呉服店がそれぞれ既存の事業を百貨店組織にして開業。

当時、函館は東京の流行が直接入って来る地として知られ、函館と東京の中間にある新潟、山形、先代、秋田などより1年以上も流行を先取りしていたとか。劇中に登場するBARBERナカジマの髪結いの亭主とその奥さん夫婦がモボ・モガなのは、函館という流行の先端の地に住んでいたことによるのかも知れません。

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ