病院が販路になるマッサンの甘味りんご汁、その効能は?

朝ドラ『マッサン』劇中で、出資者の野々村から販路開拓を指示されるマッサンは、病院向け販売に販路の可能性を見いだすのですが、何故病院なのでしょうか?

百貨店開拓を失敗し、病院への売り込みを発案

朝ドラ『マッサン』劇中で、マッサンは販路開拓を求められ、まずは札幌と函館の百貨店に営業をかけるものの商談は失敗に終ってしまいます。しかし一馬との会話の中でひらめきを得たマッサンは、病院への売り込みを思いつきます。

リアルでも、大日本果汁のリンゴジュースは現代で言う健康食品のような宣伝文句で販売。道内の病院などに収めることが成功したようですが、病院も認めるリンゴの健康への効能にはどんなものがあるのでしょうか。

病院が販路になるマッサンの甘味りんご汁、その効能は?

イギリスでは昔から「1日1個のリンゴが医者を遠ざける(An apple a day keeps the doctor away)」と言われ、日本でも薬剤が乏しかった時代は、風邪やお腹を下した時などはリンゴの汁やリンゴのすりおろしたものが薬代わりでした。

さて、リンゴには具体的にどんな効能が期待できるのでしょうか。よく知られている効能を箇条書きで簡単にまとめてみます。

  • 癌発症のリスク軽減(13%)効果が期待されています。
  • アップルフェロンという成分は虫歯予防効果を持つと言われています。
  • 1日1個のリンゴで血液サラサラ効果が期待されています
  • 整腸効果が期待されています、ヨーグルトと組み合わせると更に良いそうです。
  • リンゴ風呂で、リラックス、血流改善、美肌への効果が期待されています。
他にもリンゴに期待される効能はたくさんあるようですが、リンゴ風呂などの時は無農薬のリンゴが望ましいかも知れません。ただし、無農薬リンゴはマッサンの甘味りんご汁なみに高価なところが悩ましいところです。

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ