りんご汁はペクチンが凝固し濁っている方が良い【マッサン】

朝ドラ『マッサン』103話で、りんご汁に濁りが発生。一馬は「ペクチンが凝固した」と説明しましたが、このペクチンについてまとめました。

りんご汁はペクチンが凝固し濁っている方が良い

ペクチンとは水溶性の食物繊維。特にリンゴのペクチン含有量は野菜・果実の中でトップクラスと言われています。そして、『マッサン』劇中に登場したような濁りのあるタイプのリンゴジュースにこのペクチンが豊富に含まれています。

マッサンの取引先の方はクレームをつけていましたが、ペクチンは動脈硬化を予防する働きや、悪玉コレステロール値を減少させる働きが報告されています。またお通じを改善し食後の血糖値の上昇を抑制する働きもあり、ダイエット食材としても最適です。

更に、数年前に『あさイチ』などで紹介され一躍注目を集めたのが、りんごのペクチンが持つ体内被ばく減少効果。1986年、ソ連のチュルノブイリ原発事故で内部被ばくした子供たちを、普通の食事をする子供とりんごのペクチンを積極的に摂る子供にグルーピング。

二つのグループの子供たちの体内のセシウム137の量を3週間後に調べた結果、普通食を続けていた前者のグループが3週間でセシウム137の量が13.9%減少。一方、りんごのペクチンを摂っていたグループの子供達は同じ期間で63.6%もの減少が確認出来たそうです。

劇中でマッサンが面会した取引先の年配の男性は、一馬くんの「ペクチンが凝固した」という説明に「???」でしたが、ペクチンたっぷりのりんご汁、実は身体にとってもいいようですね。

追記:りんごのペクチンのことを調べていて、日本初の果汁100%のリンゴジュースは大日本果汁がつくったものだということがわかりました。リンゴジュース/りんご汁の分野においても、マッサンは「日本で初めての男」になっていたようです。

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “りんご汁はペクチンが凝固し濁っている方が良い【マッサン】”

  1. えびすこ より:

    確か番組内で出たリンゴジュースが「バヤリーズ」のルーツであります。
    「ペクチン」と言っても当時の人どころか現代人でもなかなかわかりませんね。今だと「飲料内の成分が凝固された物です」の注意書きがあります。
    「ラベルにカビが生えるのは素手で触るために出るのでは?」と家族が言っていました。今なら結露してもラベルにカビが生えることはないですね。昔と今とではラベルシールの加工の違いもあるのでは?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      リアルでも、ラベルにカビが生じたそうですが、船の上で野ざらしにされたボトルに雪が積もり、その水分をラベルが吸収。カビの原因になったようです。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ