優希美青があまちゃんで演じた小野寺薫子とは/マッサン エマ役

『あまちゃん』GMT47のメンバー、小野寺ちゃんを演じた優希美青さんがいよいよ『マッサン』第19週からエマ役で登場。 そこで『あまちゃん』の復習をしてみました。

優希美青が『あまちゃん』で演じたGMT47・小野寺薫子とは

優希美青さんが『あまちゃん』で演じたのは全国47都道府県のご当地アイドルから選ばれたグループ・GMT47の宮城代表、小野寺ちゃんこと小野寺薫子。「♪ずんだ、ずんだ〜♪」を歌っていた「仙台牛タンガールズ」の元メンバーと言えばわかりやすいかと。

アイドルグループと言えば聞こえがいいですが、その実態は大人気アイドルグループ・アメ横女学園(アメ女)のシャドウ(代役)。しかも稽古場はアメ女のステージの下の「奈落」と呼ばれる場所。実に残念極まりない設定でした。

優希美青さんの『あまちゃん』初登場場面は第13週「おら、奈落に落ちる」で、「奈落」初訪問のアキちゃんと挨拶する場面。方言が自分と似ていることからアキちゃんが親近感を抱き、GMT47合宿所では当初、アキちゃんと同室になっていましたね。

また終盤近くの第21週「おらたちの大逆転」で再登場。鈴鹿ひろ美の映画のオーディション最終審査にアキちゃんとともに残ったものの不合格。合格したアキちゃんを精一杯の笑顔で祝福しつつ、残念な結果に涙をのむ切ない芝居が鮮烈な印象を残しました。

『マッサン』では女学生に成長したエマ役で登場

さて、『マッサン』でこれまで可愛いと大評判だった住田萌乃 ちゃんが演じて来た主人公夫婦の養女・エマちゃんが成長し、第19週からは女学生に。女学生になったエマちゃんを演じるのが優希美青さんです。

優希美青さんのエマちゃん初登場週は、余市ではじめて仕込んだ原酒が熟成しついにマッサンはブレンドを開始。しかし、会社と従業員を守らなければならないプレッシャーからか、ブレンドの出来映えに自信を持てずマッサンは苦悩。

そんな父親を勇気づけようと心を砕く親孝行エピソードが、優希美青さんの『マッサン』デビューを飾ります。その後もマッサン、エリーとともに物語の中で重要な役回りを演じ、終盤近くには号泣回も用意されています。

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ