マッサン最終回までの時代背景 結末は昭和36年?/ネタバレあり

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』最終週までの概要が明らかになったのを機に最終回までに描かれる時代を整理してみました。

朝ドラ『マッサン』最終回までの時代背景 結末は昭和36年?/ネタバレあり

朝ドラ『マッサン』は全25週。そのうち第22週までの概要が判明した時点で以下のような記事をまとめました。

最終回予想 結末五週の年代配分比較

上の記事で未判明だった第23週、第24週、そして最終週に当たる第25週のうち、新キャスト発表とともに第24週、第25週の概要が判明。

第24週(3月16日放送/139話)から出演する木南晴夏さんが演じるのは25歳から37歳までの大人になったエマ。そして、エマは大正13年生まれなので、第24週、第25週は昭和24年から昭和36年が物語の時代背景となりそうです。

朝ドラ『マッサン』最後の二週は昭和24年から昭和36年

以上の情報を整理すると以下の通りとなります。

【第22週】昭和18年:出征する一馬とエマの涙の別れ
【第23週】昭和18 – 20年:??? 一馬の戦死 ???
【第24週】昭和24年:千加子の姉、岡崎悟がマッサンに弟子入り
【第25週】昭和27 – 36年:エマの外国人の恋人、??? エリーの死 ???

既に判明している第22週の時代は昭和18年。一馬は召集され戦地へ。滂沱の涙を流しながら一馬の出征を見送るエマの悲恋が描かれます。

第23週は未判明ですが、前後の話しの流れから一馬の生還か戦死が描かれることになりそうです。ちなみに戦後になって、エマは外国人の恋人をつくるそうなので、一馬の戦死はこれでほぼ確定ですね。

第24週では、大人になったエマと同時にマッサンの姉・千加子の次男が余市にやって来るエピソードが登場。ちなみにエマはこの時、進駐軍の事務所で勤務しながらも海外で働くという夢を持ち始めます。

そして最終週・第25週で、英国に渡っていたエマが3年ぶりに帰国。その時、エマは外国人の恋人を家に連れて来り、マッサンが激怒する場面が描かれるそうです。早苗お母ちゃんのように、外国人の恋人は認めませんということでしょうか。

この時のエマは28歳前後となる計算です。そして、エマが37歳の年、昭和36年はエリーが亡くなる年です。結末近くでエリーが亡くなる場面が描かれることになりそうです。

第24週、第25週については以下の記事にも記しています。合わせてご覧下さい。

24週、25週(最終週)の概要が判明!エマに恋人!ネタバレあり

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

4 Responses to “マッサン最終回までの時代背景 結末は昭和36年?/ネタバレあり”

  1. ※※多彦 より:

    マッサンのモデル・竹鶴政孝氏は孫の竹鶴孝太郎氏(竹鶴威氏の長男)に「国際結婚だけはするなよ」と言い残していたそうです。
    また、ご自身はリタさんが亡くなった際に数日部屋から出てこず、孝太郎氏が「大人があれほどまで取り乱す場面を初めて見た」というぐらい大きなショックを受けていたとのことです。

    リタさんと過ごした波乱万丈の日々を振り返って“本当に結婚して日本に連れ帰ってきたという自分の選択は正しかったのだろうか、リタは本当に幸せだったのだろうか”という苦悩との自問自答が生涯続いていたのでしょうか。

    最後のマッサンの激怒というのも、おそらくそういう自信の思いを背景に、エマの強い覚悟を問う内容になりそうですね。
    熊さんが俊兄の胸ぐらを掴んでハナちゃんと夫婦になるうえの覚悟を問うたあのシーンを超える気迫がみられるかどうか期待したいものです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 熊さんが俊兄の胸ぐらを掴んでハナちゃんと夫婦になるうえの覚悟を問うたあのシーン

      自分の経験を踏まえてのことなので熊さんを超える場面になるかも知れないですね。胸ぐらをつかまれるほうの外国人の役者も、そんなマッサンの気迫に応えられうような人が出て来ると、これはすごい見せ場になりそうですね。

  2. たいとうみほ より:

    実在の竹鶴氏はご子息に
    「国際結婚はするな」と言っていたそうですね。
    相手を不幸にしてしまうから、と。
    リタさんが亡くなった際に
    自分と結婚しない方が幸せだったかとの
    後悔から出た言葉でしょう。
    エマが外国人男性を連れてきた際に
    このセリフを前倒しして言わせ
    マッサンに苦悩させるというのも、ありでしょうか。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      国際結婚をするなと言った史実を脚色したエピソードが登場すると予想していますが、どのような場面でどのような理由から、マッサンがエマの結婚に反対するのか、劇中での描かれ方が楽しみですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ