清水富美加が『まれ』で演じる蔵本一子は都会に憧れる同級生

NHK連続小説(朝ドラ)『まれ』で清水富美加さんが演じる蔵本一子とはどんなキャラなのかまとめました。

清水富美加が『まれ』で演じる蔵本一子は都会に憧れる同級生

清水富美加さんが演じる蔵本一子というキャラ、生まれ故郷の能登が大嫌いで、東京に憧れているという点で『あまちゃん』のユイちゃんとよく似たキャラ設定。しかしユイちゃんがついぞ憧れの東京に行けなかったのに対して『まれ』の蔵本一子は上京を果たします。

ヒロインの希がパティシエ修行をしに横浜に行ったことに刺激され、蔵本一子は東京へ。故郷を離れたヒロインと対比した描かれ方をする同性の同級生という点では『ちりとてちん』のA子に近いかも知れません。そしてA子のように都会での挫折を経験するかもです。

ただ、『あまちゃん』のアキちゃんとユイちゃん。『ちりとてちん』のB子とA子。それぞれが出会った当初の関係は良好でしたが、『まれ』の希と一子は喧嘩から二人の関係がスタートするようです。

東京に憧れる一子は都会からやってきた希に関心を持つものの、都会人らしさ皆無の希に落胆。期待外れに一子が怒り出すそうなんですが、これは幼少期時代のエピソードかも知れません。高校生でこんな喧嘩はあり得ないかなと思います。

『仮面ライダーフォーゼ』『HK/変態仮面』

清水富美加さんは『仮面ライダーフォーゼ』のヒロイン・城島ユウキを演じその天然ぶりとコメディエンヌとしての才能が注目を集め、コメディ映画『HK/変態仮面』でヒロイン・姫野愛子役に抜擢。

『仮面ライダーフォーゼ』では如月弦太朗(仮面ライダーフォーゼ)役の福士蒼汰さん。『HK/変態仮面』では色丞狂介( 変態仮面)役の鈴木亮平さんと、朝ドラつながりの共演が続いていましたが、ついに満を持しての朝ドラ初出演です。

『まれ』の登場人物たちは愛すべき変人揃い。清水富美加さんも持ち前のコメディエンヌの才能を発揮し、愛すべき変人キャラを見せてもらいたいと期待しています。

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ