渡辺大知さんが朝ドラ『まれ』で演じる二木高志は大変身する同級生

渡辺大知が朝ドラ『まれ』で演じる二木高志というキャラがとても気になります。高校時代は無口・・・を通り越してほとんど台詞がないそうです。

渡辺大知さんが朝ドラ『まれ』で演じる二木高志は大変身する同級生


では、同級生たちとの意思の疎通はどうしているかと言うと、仲良しグループの寺岡みのりが彼の表情やら仕草やらを読み取って他の面々に「通訳」。通訳がなければ他者と意思の疎通も満足に出来ないサナギ状態の彼は大学進学後、脱皮して蝶に変身。

大学進学のために出て来た東京で、二木高志それまでのシャイ・無口キャラから一転、ハードなバンド活動を開始。その激しいボーカル姿は、彼の昔を知る同級生たち心底驚かせることに・・・。

無口でシャイな高校時代の姿と大学進学後の激しいボーカリストの姿。どちらが二木高志の本当の姿なのか。そしてこの大きな変化は同級生たちにどのような影響を与えるのか。非常に気になるキャラクターです。

『色即ぜねれいしょん』

渡辺大知さんの代表作はやっぱり映画『色即ぜねれいしょん』でしょうか。演技経験皆無にして2000人のオーディションをパス。いきなりの主演作でまさかの日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するという快挙を成し遂げました。

映画『色即ぜねれいしょん』、実は堀ちえみ目当てで見に行ったのですが、残念過ぎる高校生を演じた渡辺大知さんの怪演と顔芸に心奪われました。『まれ』後半でも『色即ぜねれいしょん』みたいなロックな渡辺大知さんを堪能できそうです。

ちなみに渡辺大知さんは朝ドラ『カーネーション』にも出演。ヒロイン糸子の母方のお金持ちの実家、神戸の松坂家にいた従兄弟・松坂勇を演じていました。また、俳優になる以前からロックバンド「黒猫チェルシー」のボーカルを担当。『まれ』劇中でのボーカル姿は渡辺大知さんの本当の姿と言えそうです。

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ