梅ちゃん先生 128話 義理の兄弟/静子の相談

連続テレビ小説(朝ドラ)『梅ちゃん先生』
本放送:2012年8月28日(火)放送
再放送:2015年3月3日(火)放送
第22週 第128話「意地の上塗り」

『梅ちゃん先生』第22週 第128話「意地の上塗り」あらすじ

竹夫に静子との結婚を説得するために、信郎は竹夫と加藤を誘い義理の兄弟が三人顔を揃えて「みかみ」で飲むことに。そこに幸吉がやって来ました。結婚についての意見を求められた幸吉は結婚なんかするものではないと爆弾発言。

幸吉の発言に加藤や信郎も同調。いつしか面々の話題は結婚生活の愚痴に変わってしまいました。一方で、男たちがどんな会話をしているのか気になる梅子と松子は「みかみ」へ。そこで梅子と松子は、夫たちの結婚生活への不満を聞いてしまうのでした。

翌日、梅子は静子から相談を受けました。会いたくない男が田舎から出て来てつきまとわれているため、静子は恐ろしくてアパートに帰れないというのです。相談を受けた梅子は「みかみ」の一件の罪滅ぼしにと、静子の一件を信郎に託します。

明くる日、梅子が診療を終えると静子が安岡医院に訪ねて来ました。静子に相談された件は信郎に託した旨知らせる梅子。その時、背の高い見るからに乱暴そうな男が安岡医院に乗り込んで来ました。静子をつけまわしている男です。

『梅ちゃん先生』第22週 第128話「意地の上塗り」感想

静子さん、再び男がらみのトラブルが勃発!

しかも、ストーカーなみのアパートの前で待ち伏せとか、乱暴極まりない男だとか。悲劇の歌姫・あかねちゃんと静子さんのポジションが入れ替わったら良かったのにと思わずにはいられません。そのほうがバランスがとれそうです。

こんな厄介な問題を簡単に引き受ける梅ちゃん。引き受けると言っても信郎くんに下請けに出すことが前提。しかも、信郎くんへの相談もなしに。信郎くんも断りたいところですが、あいにく弱味を握られた直後。

というか作劇上、この問題を信郎くんに押し付けるために信郎くんがペナルティを果たされる状況、すなわち男ばかり集まって夫婦生活の愚痴大会が設定されたのか。ただ信郎君はこのミッションを果たせば梅ちゃんとの間の掛け値は清算。

しかし、松子姉さんと加藤くんの二人はどうやって清算されるんでしょう。加藤くんは慌てて松子姉さんを追いかけて行ったけれど、あの後一体どうなったのかが気になります。続きを見せてもらえるのでしょうか。

さて、静子さんをつけまわすストーカー男が登場。想像していた以上に大男で怖そうなお兄さん。しかし、以前も坂田先生のもとでアルバイトする梅ちゃんのところに体調不良を診てもらいに来たみるからに怖そうな男性が、実は梅ちゃんに素直に従う大人しい患者だったというオチがあったので、今回もそんなところでしょうか。

<<前回127話 | 次回129話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ