板尾創路が『まれ』演じる紺谷博之はヒロイン・希の手ごわい天敵

朝ドラ『まれ』でヒロインが大の苦手とする板尾創路さん演じる紺谷博之(こんたに ひろゆき)についてまとめました。

板尾創路が『まれ』演じる紺谷博之はヒロイン・希の手ごわい天敵

朝ドラ『まれ』のヒロイン、希は高校卒業後に輪島市役所に就職。その職場での直属の上司が板尾創路さんが演じる紺谷博之です。

紺谷博之は、ヒロインの相手役・紺谷圭太の父で、紺谷圭太が輪島塗職人の道を志すきっかけをつくる紺谷弥太郎の息子・・・と、文章で書くとややこしくなるので、ヒロインの相手役・紺谷圭太を軸に整理します。

・紺谷圭太(ヒロインの相手役)
・圭太の父:紺谷博之
・圭太の祖父:紺谷弥太郎

紺谷家の親子三代の関係ですが、塗師屋の家に生まれながら紺谷博之は輪島塗には一切関心なし。「優秀で堅物な地方公務員」像を絵に描いたような人物設定になっているので、業務上の規則を逸脱しがちな希は大いに悩まされることになりそうです。

『電人ザボーガー』『カーネーション』

板尾創路さんの仕事で忘れられないのは2011年に公開された映画『電人ザボーガー』の主演・大門豊。中年になって糖尿病を患い得意の飛竜三段蹴りも出来なくなってしまったあまりにも痛過ぎる大門豊の姿がいまだに忘れられません。

板尾創路さんの朝ドラへの出演は2006年の『芋たこなんきん』、2011年の『カーネーション』に次いで3作目。『まれ』で演じる紺谷博之は『カーネーション』で演じた、常にロジカルで間違ったところはないものの、どうしても好きになれない末松商店の店主に近いキャラになりそうですね。

▼関連記事
紺谷圭太はヒロインの相手役
紺谷弥太郎は圭太の祖父

まれ あらすじ | まれ キャスト一覧 | まれ 関連情報

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ