マッサン 129話 一馬の気持ちを問うエマ

連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2015年3月4日(水)放送
第22週 第129話 「親思う心にまさる親心」

『マッサン』第22週 第129話 「親思う心にまさる親心」あらすじ

arasuji


出征が2日後にせまった昼休み、エマは貯蔵庫に一馬を呼び出しました。二人して遠くへ逃げてしまおうとエマは言い出します。

運命は受け入れるしかないとエマを諭す一馬。エマは一馬の自分への気持ちを確かめようとするものの、一馬はそれには答えようとはしません。

その夜、熊虎は三郎から借りてきたバリカンで、自ら一馬の頭を丸めました。

一方、ついに一馬の気持ちを確かめることができなかったエマは、涙ながらに『オールドラングサイン』を演奏するのでした。

<<前回128話 | 次回130話>>

『マッサン』第22週 第129話 「親思う心にまさる親心」
 事前発表あらすじのレビューと解説


戦局が悪化の一途をたどる中での出征。一馬くんも覚悟を固めたようで「遺書」を用意。そんな一馬くんをエマちゃんが呼び出します。エマちゃんは一馬くんに告白しましたが、果たして一馬くんは自分のことをどう思っているのか。

そのエマちゃんの問いに一馬くんは頑なに口をつぐんだまま。本当は、自分もエマちゃんを好きだと言いたい気持ちを押し殺して、生還はかないそうもない自分の帰りをエマちゃんに期待させまいとする一馬くんが立派過ぎます。

結局、エマちゃんは一馬くんから何も聞き出すことは出来ず失意の中で、再会への祈りを込めて『オールドラングサイン』を演奏。この週は『オールドラングサイン』に何回泣かされることになるんでしょうか。

一方、森の熊さんは、三郎さんから拝借したバリカンを持って、自らの手で一馬くんの頭を坊主頭にまるめます。もしかすると、一馬くんが頭を丸められている父と息子のこの場面の背景で、エマちゃんが演奏する『オールドラングサイン』が聞こえてくるのかも知れません。

『マッサン』第22週 第129話 「親思う心にまさる親心」
 朝ドラ観賞後の感想

kanso

<<前回128話 | 次回130話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ