エリーがマッサン後に主演する『シカゴ』とは/シャーロット・ケイト・フォックス

朝ドラ『マッサン』のエリー役、シャーロット・ケイト・フォックスさんのマッサン後の仕事がブロードウェイミュージカルの『シカゴ』に決定。本作についてまとめました。

シャーロット・ケイト・フォックスさんがマッサン後に主演する『シカゴ』とは

『シカゴ(CHICAGO)』は、ブロードウェイの伝説の演出家、ボブ・フォッシーの脚本によるミュージカルで、1975年にブロードウェイで初演。1996年の再演以降7500千回以上も上演され『オペラ座の怪人』に次ぐロングラン記録を保持。

尚、『シカゴ』の昨年までのロングラン記録のランキングは『オペラ座の怪人』『キャッツ』に次いで3位。記録を今なお更新し続けている大ヒットミュージカルです。

物語の舞台はタイトルそのままイリノイ州シカゴ。ジャズ全盛期の1920年代、アメリカ合衆国の禁酒法時代を背景に、暗黒街の歌姫やコーラスガール、腐敗した司法の愛憎と腐敗、そして犯罪を風刺的に描いた傑作です。

本作は、3月14日から日本で公開される映画『イントゥ・ザ・ウッズ 』のロブ・マーシャル監督が2002年に映画化。エリーことシャーロット・ケイト・フォックスさんが演じる悪女ヒロイン・ロキシー・ハートを映画の中で演じたのはレネー・ゼルウィガー。ロキシー・ハートが劇中で自らの名声を手に入れるために手を組む悪徳弁護士をリチャード・ギアが演じました。

シャーロット・ケイト・フォックスさんが演じるロキシー・ハートとは

朝ドラ『マッサン』のエリー役、シャーロット・ケイト・フォックスさんが『シカゴ』で演じる主役のロキシー・ハートはずばり悪女。愛人を射殺し監獄に送られたロキシーは悪徳敏腕弁護士を雇って捏造した悲劇のヒロインとしての身の上話で一世を風靡。

悪徳弁護士や日夜スキャンダルを嗅ぎ回るマスコミを使い、ライバルの歌姫たちとスターの座をめぐって権謀術数の限りを尽くすという「エリー」からは想像もつかない悪女が、シャーロット・ケイト・フォックスさんがこれから挑戦するロキシー・ハートです。

シャーロット・ケイト・フォックスさん主演の『シカゴ』は今年の10月26日から11月8日までブロードウェイで上演された後、12月には日本で「逆凱旋」上演の予定あり。

日本で仕事を続けることを期待していたブログ管理人にはちょっと寂しい気もしますが、日本にいても民放の使い捨てにされかねない上に、大きなチャンスにつながるとも限らない。彼女にとっては最良のキャリアアップの機会ではないでしょうか。

その昔、ブログ管理人はブロードウェイミュージカルやオフブロードウェイミュージカルにハマった時期があり、ブロードウェイまで幾度も足を運んだ経験があります。エリーちゃんを見に、久しぶりにブロードウェイに行きたくなりました。

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “エリーがマッサン後に主演する『シカゴ』とは/シャーロット・ケイト・フォックス”

  1. えびすこ より:

    大河ドラマ・花燃ゆで通訳の役での出演を少し期待していましたが、今後のスケジュールを勘定するとなさそうですね。
    なお関西地域ではテレビCMに出ているようですが、関東でのCMでは見かけません。
    来年になると完全に米国で活動再開するのかな?ならばハリウッド映画で日本人俳優との共演に期待したいです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      いずれハリウッド映画で渡辺謙さんあたりと共演、なんていうことはあるかも知れませんね。
      『シカゴ』は大好きなミュージカルなので是非見に行きたいと思っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ