エマと一馬は結婚出来るか?二人の恋の行方が判明/マッサン

朝ドラ『マッサン』第21週、エマと一馬は急速に距離を縮めて行きます。最近、判明した二人の恋の行方は?本記事はネタバレが含まれます。ご注意ください。

エマと一馬の恋

昭和18年(1943年)、女学校を卒業し17歳になったエマは将来のことや両親との関係についての悩みを、一馬にたびたび相談に乗ってもらっているうちに、いつしか二人の距離は縮まりエマは一馬に恋をします。

一馬が自分をどう思っているのか、一馬の気持ちはわからないエマ。しかしエマの恋心を聞かされたマッサンは一馬にエマのことを尋ね、一馬もエマを好きであることを確認。エリーもある事情からエマの恋に反対するものの、エマの覚悟を知りついに恋を認めます。

最終的に、マッサンもエリーも(そして恐らく熊虎も)一馬とエマの恋を認めることになるのですが、時代が二人の恋を許さなかった。二人の恋が許されたその直後に一馬の手元には召集令状が届いてしまうのです。

出征までに一馬の自分への気持ちを確かめておきたいエマ。しかし、戦死を覚悟した一馬はエマにいたずらに期待を持たせない配慮から、決して本心を打ち明けようとはしません。そして迎えた出征の日。帰ってきたら伝えたいことがあるとだけ言葉を残し、一馬はエマのもとを去り、戦地へと旅立ってゆきます。

エマと一馬は結婚出来るか?判明した二人の恋の行方

一馬が去り際にエマに残した言葉。帰って来たら伝えたいことがある。言うまでもなく、一馬がマッサンにだけ打ち明けていたエマへの気持ちを意味するのでしょう。

そして、帰って来た一馬からエマがこの言葉を聞かせてもらうということは、すなわちエマと一馬の恋が成就し二人は結ばれるということ。果たして一馬は戦地から生きて帰って来るのか。生還した一馬と、一馬の帰りを待つエマは結婚することが出来るのか。

二人の恋の行方で判明したことは以下の通りです。

一馬は戦死します。残念ですが生きては帰って来れません。エマと一馬の恋は悲恋に終わってしまう。これが判明した二人の恋の行方です。

しかし、エマはその深い悲しみから立ち直り、成人後に新しい恋を見つけます。そしてその頃、半年にわたった『マッサン』の物語は結末に向かって進み始めます。

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ