マッサン 137話 エマ、英文タイプ始める

連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2015年3月13日(金)放送
第23週 第137話 「待てば海路の日和有り」

『マッサン』第23週 第137話 「待てば海路の日和有り」あらすじ

昭和20年(1945年)10月、終戦から2ヶ月が経過。エマは小樽にある英文タイピスト養成学校に通い始めていました。その頃、政春の工場は軍需工場の役目を終えるのに伴い売上がなくなり、政春は今後の会社の資金繰りに頭を悩ませていました。

そんな中、大阪から三級酒を扱う柴田という名の商人がマッサンを訪問。ウイスキーの原酒を売ってほしいと言うのです。イミテーション・ウイスキーに原酒の提供は出来ないとその申し出を一蹴した政春は、今後の相談をしに大阪へ向かうことにしました。

大阪へ向かう日の朝、出発間際の政春のもとに進駐軍の将兵がやって来ました。「亀山エリザベス」すなわちエリーの無事を確認しに来たという彼らの来訪の目的はもう一つ。それは政春の工場のウイスキーを進駐軍に売ってくれという要請でした。

海軍から進駐軍に安易に乗り換えるようなことは出来ないとその要請を突っぱねるつもりの政春。熊虎は進駐軍から注文があったことを進や三郎たちに相談しつつも、いかに決断を下すべきか熊虎なりに思案をめぐらすのでした。

▼関連記事
柴田商会と柴田健の実在のモデルは?
マッサンとウイスキーと進駐軍のちょっとイイ話
エリー熱唱『リンゴの唄』は軍歌だった!歌詞の意味は?

<<前回136話 | 次回138話>>

『マッサン』第23週 第137話 「待てば海路の日和有り」
 事前発表あらすじのレビューと解説

前回が終戦。そして今回は戦争が終ってから2ヶ月ほど経った頃のこと。エマちゃんは心に区切りを付けることが出来たのか、心に区切りはつかないものの何をしていないと悲しみに押しつぶされてしまいそうになるのか、英文タイプの勉強を開始。

英文タイピスト養成学校に通って、戦時中に封印していた英語を使い始めることで、一馬くんを喪い悲しみのどん底のエマちゃんも小さな一歩を歩み出し、この小さな一歩はやがてエマちゃんの人生を大きく変えてゆくことになります。

さて、ウイスキー工場はそれまでの得意先は海軍だけだったので、売上が激減、もしかすると売上がなくなるような状態かも知れません。そんな中、大阪から原酒を売ってくれないかとオファーが入ります。

恐らく闇屋ではないでしょうか。『梅ちゃん先生』の陽造叔父さんもどこかから原材料を調達し梅ちゃんたちと闇市で売るコーラを製造しましたが、原酒を売ってくれと行って来た商人はきっと陽造叔父さんみたいな人なのでしょう。

売上がないにも関わらず、イミテーションウイスキーなどに原酒の供給はしないとキッパリ断るマッサンは相変わらずですね。さて、経営が窮地の陥るマッサン。戦前は海軍がやって来てその窮地を救いましたが、今度の窮地には進駐軍がやって来ます。

『マッサン』第23週 第137話 「待てば海路の日和有り」
 朝ドラ観賞後の感想

平穏な日々が戻ってきました。エリーちゃん以外は。

エマちゃんも戦時中のモンペ姿から洋装となり笑顔を取り戻していましたが、机の上に飾ってある一馬くん出征直前の家族写真が、まだ完全には立ち直れていないことをさりげなく物語っていて寂しい。二ヶ月で立ち直れるわけもないのですが。

一方、ドウカウイスキーは海軍からの安定した注文が終戦を境に完全に途絶えて資金繰りの危機。それと入れ替わるかのように進駐軍からウイスキー供給の要請。

マッサンはその話しには乗らないと即座に決めてしまう一方、森の熊さんは進駐軍から注文があったことを進さんや三郎さんに相談。二人の反応を観察しながら、その注文にどう応ずべきか思案する熊さんの眼がいつになく真剣で鋭い。

進駐軍の注文に対してマッサン、進さん、三郎さんがいとも簡単に答えを出そうとするのに対して、熊さんはひとりそのことについて黙して語らず。大局からこの話しを捉えようとしているのでしょうか。

<<前回136話 | 次回138話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

8 Responses to “マッサン 137話 エマ、英文タイプ始める”

  1. カッサン より:

    今回の最後、ラジオから流れてきた「りんごの唄」を聴いた進さんが「りんごなら、おらたちの歌だ」と嬉しそうに言っていたのが印象的でした。

    かつて戦に破れ、余市でりんごを育てながら前へ進んできた自分達と、日本の現状とが重なるのでしょうか。残りの2週間、エリーちゃんがゆっくりと前へ進んでいく姿も、早く見たいものです。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > かつて戦に破れ、余市でりんごを育てながら前へ進んできた

      言われてみれば負け戦でゼロから再起するというのは会津藩士にはこれが初めてではないんですね。熊さんが妙に元気なのも納得できました。すでに経験し再起への自信があるから元気なんですね。

  2. たいとうみほ より:

    安田大サーカス、いや柴田氏には
    完全に足元を見られていたという感じでしたね。
    あなただって海軍という得意先をなくして困ってるんでしょう?と
    言わんばかりの。
    (しかし大阪からはるばる来るという事は
     鴨居の大将には相手にしてもらえなかったのでしょうか)
    そういう相手だからこそ尚更不快だったのが
    マッサンの本当の所でしょうか。
    しかし鴨居の大将なら会社と従業員を守れるなら
    イミテーションと言われようが
    進駐軍相手に節操がないと言われようが
    その程度の世評には耐えられるのでしょう。
    マッサンの場合は本物を知っているとの誇りがまず先にあるから
    誇りを守る為なら現実の逆境の方に耐えるというタイプ、と
    作中では感じました。
    価値観の問題であってどちらかの正誤とは
    一概に言えない事ですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      リアルでも鳥井氏は進駐軍とガッツリ組んで商売されていたみたいだったので、鴨居の大将も三級ウイスキーを扱う名の知れぬ業者などout of 眼中だったのでしょう。
      マッサンの進駐軍との商売については、明日、熊さんが決断を促すようですが、その時の熊さんがどんな顔で何を言うのか楽しみでなりません。

  3. えびすこ より:

    「北海道のウィスキー工場を空爆しなかった」というのは実話ですか?
    近畿地区の京都や奈良と言った古都は、「文化的に価値がある」という理由で空爆対象にしなかったと聞きます。
    俊夫さんの半纏に「DOUKAH」のロゴが復活しました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      余市のウイスキー工場は実際に被害ゼロで、劇中に描かれた通り2発の焼夷弾が落とされただけのようです。また、米軍の空襲作戦資料にも余市の地名は記載されていません。

  4. koji より:

    エリーの正式名は

    エリザベスなんですね。

    現英国女王も側近やご家族からはエリーと呼ばれているのでしょうかね?。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      エリザベス女王のニックネームはベスだそうです。
      このニックネームを誰が使っているのかは定かではないですが。
      ちなみに、エリザベス・テイラーはリズ。
      エリザベス・ベネットはリジー。
      他にもイライザ、リサなどなど
      同じエリザベスでもニックネームは様々あるようです。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ