マッサン 140話 シベリアから岡崎悟復員

連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2015年3月17日(火)放送
第24週 第140話 「一念岩をも通す」

『マッサン』第24週 第140話 「一念岩をも通す」あらすじ

千加子の次男で政春の甥に当たる岡崎悟が復員。政春のウイスキー工場にやって来ました。悟は満州で終戦を迎えた後、ソ連軍に捕まりシベリアに抑留。死んだほうがましと思えるような極寒の地での強制労働を強いられてきたのです。

俊夫から部屋をあてがわれたものの悟はそれを断り、ニシン御殿で身寄りのない住み込みの工員たちと寝起きをともにすることに。しかし、シベリアでの過酷な体験から立ち直りきれていない悟は、その夜、悪夢にうなされます。

一方でエマは、進駐軍の事務所で上官からアメリカに渡って通訳として働いてみないかと誘いを受けました。そのための試験を受けたいと言い出すエマに政春は動揺。政春の動揺をよそにエリーはエマの願いを聞き入れました。

ある夜、ニシン御殿で乱闘騒ぎが起こりました。時計をなくした男が、悟が盗んだと疑ってかかり喧嘩になったのです。すぐに時計は見つかったものの、怒りの収まらない悟を政春は問い質します。悟は政春に答えました。自分は地獄を見て来たのだと。

▼関連記事
岡崎悟が復員しマッサンの跡継ぎに?/モデル:竹鶴威

<<前回139話 | 次回141話>>

『マッサン』第24週 第140話 「一念岩をも通す」
 事前発表あらすじのレビューと解説

今週からついに千加子お姉ちゃんの次男・岡崎悟くんの登場です。悟くんを演じるのは泉澤祐希さん。史実を原案にしたエピソードですが、シベリア復員兵というのはドラマ・オリジナルの脚色です。

シベリアに抑留されていた頃、過酷を極める経験を重ねた悟くんは心を病み幻影に悩まされる日々を過ごしているという設定です。詳細はまだわからないのですが、シベリアから北海道に直接復員したものと思われます。

一方のエマちゃんには大きなチャンスが転がり込みます。勤務先のアメリカ人の上司に誘われるのでしょうか。アメリカに渡って通訳をしないかと思いがけないオファー。小樽での英文タイプ学習が進駐軍勤務につながり、進駐軍を経てエマちゃんはアメリカへ。

史実では、母娘の確執から母親のもとを娘が去るのですが、劇中では大きなチャンスを掴んだエマちゃんの背中をエリーちゃんが押すことで、母親のもとを娘が去るという明るい展開になります。

『マッサン』第24週 第140話 「一念岩をも通す」
 朝ドラ観賞後の感想

前週の土曜日には、マッサン、エリーちゃん、そしてエマちゃんのそれぞれの戦争がようやく終わり、終戦から三年が経過した前回では数週間ぶりに穏やかな空気に満たされた『マッサン』でしたが、再び「戦争」が戻って来ました。

シベリア抑留という修羅場を経験してきただけに、悟くんの「戦争」が最も重症かも知れません。柔和な表情を見せながらも、時おり射るような視線をマッサンに投げかける悟くんのこわばった表情が痛々しい。

エリーちゃんから将来の夢を尋ねられ口ごもる悟くん。すっかり平和モードに入ったエリーちゃんと、まだ戦争の真っ只中の悟くんとのギャップの描き方は残酷なほどでした。次回あたりから悟くんの戦争を終らせるお話しになるのでしょうか。

一方でエマちゃんは「大人エマ」に交代したこともあってか、一馬くんの影は完全に消えてなくなりました。通訳になる夢に向かって前に進み続けるエマちゃんの明るさに安心しつつも、一馬くんが気の毒な気もしないではありません。

『花子とアン』で、関東大震災で亡くなった郁弥くんを一生涯想い続け、(劇中では)独身を貫き通したかよちゃんのことを、エマちゃんを見ながら思い出してしまうのは僕だけでしょうか。

<<前回139話 | 次回141話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

8 Responses to “マッサン 140話 シベリアから岡崎悟復員”

  1. koji より:

    俊ニイと悟の接点てあったっけ?。
         
    と、思いましたが、俊ニイが鴨居商店を辞めて余市に来るまでは亀山酒造に戻っていたので幼少の頃に接点があった筈ですね。

    むしろ今のマッサンやエリーよりも俊ニイと悟の繋がりは深いのかもしれませんね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      悟くんの成長過程を見ているだけに、その思い入れはマッサン以上かもです。
      ところで、水曜日の放送回で二人の「おぼっちゃま」にかしずく俊ニイが島爺の姿と重なりました。

  2. たいとうみほ より:

    俊兄が悟を案内しようとしたのは
    一馬の部屋だったのかな?と
    考えたら何とも悲しくなりました。
    一馬の分も英一郎の分も
    今後の悟にはウィスキーを極めて欲しいと
    思わずにいられませんでした。
    俊兄が悟にかしずく姿を見ていたら
    もしかして千加子さんの事を
    初恋とは言わずとも憧れていたのかなあ、と
    楽しい想像をしていました。
    実業家の長女としてのしっかりした様や
    肝の座り方などは
    ハナと似ているかもしれません。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > もしかして千加子さんの事を
      > 初恋とは言わずとも憧れていた

      俊ニイのことだから初恋は畏れ多くて出来ない、
      でも憧れてはいたかもですね。
      年齢も近い上に、俊ニイの身近にいる女性といったら
      千加子姉さんとすみれちゃんしかいませんからね。

      > 身近にいる女性
      早苗お母ちゃんもいますが、それはあり得ないですね。

      追記:俊ニイ、白髪が増えましたね。

  3. さや より:

    史実では、リマさんの消息は不明らしいのですが、ドラマでは幸せを掴み取りそうですね♪

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      エリーちゃんとエマちゃんの母娘関係。
      キレイにまとめてくれるようで嬉しいです。
      まとめ方次第では後味が悪くなりますからね。

  4. yuririn より:

    岡崎悟は竹鶴威のモデルだと思われる。

    悟は復員兵→マッサンの弟子入り→正式にマッサン&エリーの養子→和歌子と結婚→娘・聡美と息子・政太朗をもうけるまでエピソードを描かれている。

    正式に養子を迎えて、亀山悟となります。

    亀山政太朗は竹鶴孝太郎のモデルだと思われています。

    ノベライズを読んで、印象的に驚きました。

    エマはエリーと同じ恋人と死別して、とても悲しいシーンを描かれることですね。

    とても悲しい出来事になります。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      > 亀山政太朗は竹鶴孝太郎のモデルだと思われています。
      ご高察の通りのようですね。ただし時間切れで孝太郎氏をモデルとした人物が描かれないのが残念なところです。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ