マッサン 141話 政春が三級酒製造を決意

連続テレビ小説(朝ドラ)『マッサン』
2015年3月18日(水)放送
第24週 第141話 「一念岩をも通す」

『マッサン』第24週 第141話 「一念岩をも通す」あらすじ

工場で寝起きを共にしている工員とトラブルを起こした悟を政春は貯蔵庫に連れて行きました。何があったのかと問い質す政春に悟はシベリアでの地獄のような体験を話し始めました。想像も及ばぬような過酷な体験を聞かされ言葉を失う政春。

悟は続けます。仲間を裏切り祖国を否定して生還した自分を最初に許してくれたのは、帰国して何年ぶりかに飲んだ三級酒だった。その酒を政春は偽物だと言った。いくら本物をつくったところで誰もそれを飲めなければ存在しないに等しいと。

悟の言葉を聞かされ、政春は三級ウイスキーの製造を決意。ウイスキーの語源が「命の水」であることを思い出した政春は、三級ウイスキーが「命の水」として戦争で傷ついた人々の心を癒すことを願ったのです。

早速、政春は俊夫に三級ウイスキーを集めさせ香料と調味料の分析を開始。分析の様子を見学した悟は政春の嗅覚の鋭さに目を見張ります。香料の分析を試みた悟は、政春と俊夫に筋の良さを讃えられ、ウイスキーづくりに興味を持ち始めるのでした。

▼関連記事
マッサンが三級ウイスキー製造に踏み切った理由/史実比較
ウイスキーの語源「命の水(ウシュクベーハー)」

<<前回140話 | 次回142話>>

『マッサン』第24週 第141話 「一念岩をも通す」
 事前発表あらすじのレビューと解説

悟くんが工場で一緒に生活している元兵隊さんとトラブル。喧嘩でもするんでしょうか。何故そんなトラブルを起こしたのかと理由を訪ねるマッサンに、悟くんは初めて重たい口を開いてシベリアの生き地獄の日々を語り始めるようです。

いずれのタイミングかは定かではないのですが、かねてよりマッサンは大阪のうるさい出資者の二人から三級ウイスキーをつくって売り出せと言われていたようです。しかし、マッサンとしては「三級」などに手を出したくない。

しかし、悟くんとの会話がマッサンの心を動かすのでしょうか。戦争で傷ついた人たちの心の闇が思いの外暗いことを知ったマッサンは「命の水」で傷ついた人の心を癒したいと考え始めます。「命の水」とはもちろんウイスキー。

しかし、傷ついた人たちにくまなくウイスキーを届けるには高価な商品では困難。恐らくそんな風に考えて、マッサンは出資者から言われていた三級ウイスキーづくりを決断。三級ウイスキーづくり決断も、ドラマのオリジナル脚色です。

そして三級ウイスキーづくりがはじまるのと同時に悟くんの教育もスタート。マッサンの夢を継ぐ後継者の物語がはじまります。

『マッサン』第24週 第141話 「一念岩をも通す」
 朝ドラ観賞後の感想

口やかましい二人の出資者すらもが動かしきれなかったマッサンを悟くんが動かす!

極寒、食糧不足、裏切り。それが戦争だから仕方ないというマッサンの大人目線の説得もむなしく空回りし、悟の反論に返す言葉も見つからなくなるマッサン。しかし、その衝撃がやっとマッサンの眼を開かせる。

鴨居の大将からは誰のためにウイスキーをつくっているのだと繰り返し質され、出資者の渡さんからはマッサンのウイスキーづくりは自己満足だと罵られる。それでもマッサンが頑なだった理由は今回の悟りのために保留にしていた。そしてマッサンを悟らせるから、甥の名が「悟」というのはうがち過ぎでしょうか。

誰のためのものづくりかということを悟るには時間がかかってしまいましたが、ものづくりそのものは数十年積み重ねてきた。その経験の積み重ねによる匠の技が、今度は悟くんの心を揺り動かす。

マッサンと同じ、酒職人の血をひく悟くん。マッサンの仕事ぶりに血が騒ぎ始めたようです。悟くんの筋の良さにマッサンと俊ニイも瞠目。戦時中からの課題だったブレンダー承継問題も解決の道筋がついたようです。めでたし。

追記:マッサンと悟くん。亀山酒造の二人の「おぼっちゃま」にかしずく俊ニイの姿が、亀山酒造の番頭さん・島爺と重なって見えたのは僕だけでしょうか。

<<前回140話 | 次回142話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

6 Responses to “マッサン 141話 政春が三級酒製造を決意”

  1. より:

    悟くんの役者が子供らしすぎて、酒を語る、「あの酒が許してくれた」の台詞は不自然すぎると感じました。
    「酒が許してくれた」、こんな事はないと思います。
    ここ暫く熊虎さん、ハナ、エマの出番が少ないのが残念です。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      悟くんは童顔なので、酒と人生を語るのはちょっと苦しいですね。
      というか、未成年はお酒を飲んではいけないよとついつい注意したくなってしまいます。

  2. koji より:

    だから悟。管理人さん凄い洞察ですね。

    確かにそう思います。

    そしてホント今回は俊ニイが島爺になってましたね(笑)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございました。
      俊ニイは次週放送回で広島に戻ってしまうみたいなので、きっと亀山酒造では職人版・島爺みたいな立場になるかかと思います。今回はその伏線かも知れないですね。

  3. たいとうみほ より:

    今までいろんな人にウィスキーを飲んでもらって
    「まずい」「あかん」とは言われても
    なぜ政春のウィスキーが求められていないのか
    飲み手の立場としてきちんと説明してくれたのは
    悟君が初めてだったのでしょうか。
    (床屋夫妻がリンゴジュースを「高すぎる」と言ったけど
     政春はそれを聞いてないですよね)
    味さえよくなれば売れると政春は思っていたのかもしれませんが
    物を買う際に決め手になるのは品質だけではありませんから。
    どんな場面でそれが使用されるかで決まります。
    自分用と贈答用、日常用と冠婚葬祭用、などなど。
    政春はまさに自分の作った酒が(ジュースもですが)
    どんな状況の中で、どんな人に必要とされるのかに
    無頓着だったんだろうなと思いました。
    現代企業なら購買層の設定は
    きちんと考えなければいけないでしょう。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございました。
      知り合いの飲食店の経営者が厨房に入っている料理人がお客さんの好みを顧みず自分のこだわりに走るのが困るといつもぼやいていたのを思い出しました。
      この料理人がそのまま経営者になってしまったのがマッサンかも知れませんね。でも、顧客の声を代弁する悟くんの厳しい言葉で「料理人」も厨房の外に気持ちが向いたみたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ