梅ちゃん先生 148話 松岡の見合い失敗に終る

連続テレビ小説(朝ドラ)『梅ちゃん先生』
本放送:2012年9月20日(木)放送
再放送:2015年3月26日(木)放送
第25週 第148話「再会」

『梅ちゃん先生』第25週 第148話「再会」あらすじ

松岡のお見合いの当日を迎えました。松岡のリクエストでお見合いは下村家で行うことになり、梅子と信郎も同席を求められることに。松岡と聡子がテーブルをはさんで向かい合い、お見合いがはじまりました。

趣味を尋ねられドーナツの穴についての考察と答え、笑顔が耐えない結婚生活が理想と語る聡子に何パーセントくらい笑ったらいいのかと尋ねる松岡。松岡のあまりの変人ぶりに聡子は失望。見合いは大失敗に終わります。

そんな中、広志は梅子の紹介を得て帝都大学病院で熱心に営業活動をはじめました。弥生や山倉に試供品を渡し言葉巧みに二人の心をつかむ広志。一方、研究に没頭し広志の相手をする余裕がない松岡でしたが、広志の医学知識に関心をひかれはじめます。

別の日、広志は再び松岡を訪問し、広志が勤める会社が開発した新薬を熱心に売り込みはじめます。数日後、上司を通さずその新薬を許可した松岡に狭山が激怒。松岡らしからぬそのやり方は見合いの失敗が原因しているのではないかと心配になる弥生でした。

『梅ちゃん先生』第25週 第148話「再会」感想

趣味は合唱。集団でやるところがいい、何故なら一人くらいサボってもバレないから。もう一つの趣味はドーナツの穴についての考察。笑顔の絶えない結婚生活が理想と言われ、パーセンテージでどのくらい笑ったらいいのか。

これら面白過ぎる松岡くんの応答に見合い相手の聡子さんが意外にもハマり見合いは成功。松岡は晴れて結婚し「笑顔の絶えない家庭」をつくる・・・そんな展開を期待していたのですが、聡子さんは至ってノーマルな女性だったようです。残念。

しかし、見合いの席で空回りしまくった会話の中で「新しい命題」を見つけることが出来たと満足げな松岡くん。彼にとっては実のある見合いだったようです。それにしてもこの楽観的な性格はうらやましいくらいです。

さて、感動の再会を果たした広志くんが怪しい。営業熱心にも程がある。度が過ぎた広志くん、建造お父さんに生命を救われた使命感と本人は説明しますが、本当にそれだけなのか。相手を不利な状況に陥らせてでもなりふり構わず営業活動をする広志くんが心配です。

一方で、お父上の病院を継ぐ継がないでもめていた弥生ちゃん。突如、梅ちゃんから言われた一言を思い出しました。内科医と結婚して夫に病院を継がせればいい。いつこの行動に出るかと期待していたのですが、弥生ちゃん、この梅ちゃんのアドバイスを完全に忘れていたようです。

そしてついに行動を開始。弥生ちゃん、姿勢をただし精一杯の笑顔で山倉くんに迫る。そして口から出た言葉は「内科医を紹介して」。絶妙な肩透かしでした。

<<前回147話 | 次回149話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ