まれ 2話 希の塩作り体験と夏祭り

連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年3月31日(火)放送
第1週 第2話 「魔女姫バースデーケーキ」

『まれ』第1週 第2話 「魔女姫バースデーケーキ」あらすじ

希は、文の夫で塩田職人の元治に揚げ浜式の塩作りを教えてもらいました。完成までに一週間も地道な作業を繰り返す塩作りは、地道な性格の希の心をとらえます。その夜、桶作家で夕食をとる津村一家を、文はあくまでも宿泊客として扱おうとするのでした。

翌朝、子供相撲大会の練習をするため近所に住む子供たちに海岸まで連れ出される希。しかし、希には聞き慣れない能登の言葉のせいで、地元の子供たちとなかなか馴染むことが出来ません。しかし、弟の一徹は能登弁もマスターし、すでに友達も出来ていました。

その頃、藍子が空き家を探しに歩き回っていると美容室を営むはるに呼び止められました。はるや外浦の人々は、津村一家が能登にやって来たのは、自己破産したことを苦にして一家心中するためと思い込み心配していたのです。

一方、父の徹は江戸時代から伝わる伝統の塩作りに商機を見いだしていました。早速、徹は塩田で儲けけようと元治を説得。その現場を見た希は、楽して儲けることしか考えない父に深く失望し言い放つのでした。「お父さんなんて嫌い」

▼関連記事
ヒロインの母・藍子の職場、塩田とは?

<<前回1話 | 次回3話>>

『まれ』第1週 第2話 「魔女姫バースデーケーキ」
 事前発表あらすじのレビューと解説

津村一家が居候する家の住人で、津村一家の天敵となって家族の前に立ちはだかる田中裕子さん演じる桶作文。その文の夫で、田中泯さんが演じる桶作元治は塩田の職人。文は天敵ですが元治は希をたいそう可愛がる祖父的存在に。

地道な作業を黙々と繰り返す塩づくり。地道を極めた性格の希は、この地道な塩作り作業にハマってしまいます。女の子が塩作りの作業が持つその地道さに心を奪われてしまう・・・笑いをとる場面なのでしょうか。

そして第2回では朝ドラ『まれ』のもう一つの主役ともいえる能登の言葉が登場。ヒロインの希はこの言葉が障害になって能登になかなか馴染めない一方で、弟の一徹は「語学堪能」で能登の言葉もすぐにマスター。「じぇ」や「こぴっと」に続く人気の地元言葉の登場が期待されます。

さて、希が塩作りの作業の地道さに心を奪われるその一方で、塩作りに金儲けの匂いを嗅ぎ付ける徹。そして、そんな父親を娘が一喝。このエピソードが、徹の残念なキャラと堅実派の娘の対比を鮮明に描出。父と娘の関係を象徴する原風景と言えるかも知れません。

『まれ』第1週 第2話 「魔女姫バースデーケーキ」
 朝ドラ観賞後の感想

子供たちはいつも一緒に行動し、その子の親たちもまたいつでも一緒。親たちも自分らが子供の頃はいつも一緒に行動していたのでしょう。村が一つの家族みたいな一体感が、うらやましく思えるほどに心地よい。

ご近所さんたちと野菜や魚をお互いに届け、助け合うつつましい暮らし。こう文字にすると説教臭いドラマのような感じがしますが、一人一人の強烈なキャラと変人ぶりがそんな説教臭さをキレイサッパリ打ち消し、嫌味がまるでないのがまた素晴らしい。

元治さん、文さん夫妻もいい味を出してくれています。家族のように受け入れてもらいたい一心の藍子さん。それに対して文さんは徹頭徹尾、宿泊客・観光客扱いを貫き通す。それでいながら父と娘の対立を気にかける無関心を装うその奥にある優しさがたまらない。

元治さんは大きい。伝統の塩づくりに金の匂いを嗅ぎ付けたダメお父さんがしつこく絡んできても表情ひとつ変えずに完全無視。あそこまでつきまとわれても顔色一つ変えることもなく、淡々と目の前の人間を無視出来るところに元治さんの人物の大きさが見え隠れしていました。

▼ピンポイントレビュー
・塩づくりの地道さに感動する希。父の反動よりも生来の職人気質が目覚めた瞬間?
・民宿桶作、あれだけ立派な料理が出て一泊一人4500円は格安!
・一子ちゃんが東京に憧れたこの頃はまだ東京にはバブルの余韻が残ってましたね
・ダメお父さん、食べてるトウモロコシを吹き出すのはちょっと汚いかも

<<前回1話 | 次回3話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

8 Responses to “まれ 2話 希の塩作り体験と夏祭り”

  1. koji より:

    お~

    ふみの集中は確かに凄いですね。

    そう言えば

    あさが来た!のヒロイン役は

    『波瑠(はる)』ちゃんですね(笑)。

    あ、まれの第3話が始まる

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 『波瑠(はる)』ちゃんですね(笑)。

      「はる」も増殖中みたいですね。

  2. koji より:

    第2話の今回

    田中裕子さんを見ていて

    「おしん」が出てるぅ~!。

    と、思いました(笑)。


    でもねぇ。。。

    マッサンの泉ピン子さんを見ていて

    おしんの母上様が出てるぅ~!。

    なんて、これっぽっちも思いませんでした(^_^;)。

    不覚でした(笑)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 「おしん」が出てるぅ~!。

      思えば伝説の朝ドラのヒロインを脇役に据えるなんて、かなり贅沢ですね、『まれ』は。

  3. ダニャン より:

    こんにちは。
    「花子とアン」の時からずっと読ませてもらっていました。書き込むのははじめてです。
    昨日からはじまったばかりで子供たちも一緒に見ています。
    希ちゃんの‘’地道にコツコツ‘’が口癖になっているようです。(^_^;)
    私も明るい雰囲気のドラマに一話目から引き込まれてしまいました。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      お子さんと一緒、いいですね。
      この先、美味しそうなケーキもいっぱい出て来るので、お子さんには眼にも楽しいかもですね。
      是非、感想などお書き込み下さい。
      今後とも当ブログをよろしくお願い致します。

  4. えびすこ より:

    昨日気が付きましたがNHKドラマは「ふみづくし」です。
    大河ドラマ「花燃ゆ」の主人公の名前(若名乗り)が文。
    その主人公の母親役が檀ふみさん。
    昨年の大河ドラマには二階堂ふみさんが出演。
    そしてまれに出ている田中裕子さんの役名が桶作文。
    これは偶然にしては集中していますね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      言われてみればそうですね。全然、気がつきませんでした。
      前作に続いて、登場人物たちのたまり場の主の名前が「はる」だなとは思ってましたが。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ