岡崎悟が復員しマッサンの跡継ぎに?/モデル:竹鶴威

朝ドラ『マッサン』第24週「一念岩をも通す」から初登場する岡崎悟と実在のモデル・竹鶴威氏についてまとめました。尚、本記事にはネタバレが含まれますのでご注意ください。

岡崎悟の実在のモデル・竹鶴威 氏

岡崎悟の実在のモデル・竹鶴威氏は、大正13年(1924年)3月、リアルマッサンの姉・宮野延代の6人兄弟の四男として広島県福山市で誕生。旧姓中学を卒業後、リアルマッサンの養子として迎えられたのは昭和18年(1943年)のことです。

戸籍上の養子縁組の後も、威氏は広島工業専門学校(現在の広島大学)で発酵工学を修め、終戦後に北海道に呼び寄せられると北海道大学工学部に入学。昭和24年(1949年)に同大学を卒業後、大日本果汁(現・ニッカウヰスキー)入社しています。

ニッカウヰスキーの2代目マスターブレンダーとして活躍され、昭和60年(1985年)にニッカウヰスキーの代表取締役社長に就任。昨年、平成26年(2014年)12月、老衰により逝去されました。享年90歳。

岡崎悟が復員しマッサンの跡継ぎに?

竹鶴威氏をモデルにしたキャラクター・岡崎悟はオリジナルの脚色が加えられた人物として描かれます。史実の養子縁組は昭和18年(1943年)ですが、成人後の悟が劇中に初めて登場するのは昭和23年(1948年)。しかもこの時、養子縁組の話はまだ出ていません。

悟が終戦を迎えたのは満州。その後、シベリアに抑留され生き地獄のような体験を経て生きる希望を見失った悟が、マッサンの生き様や仕事ぶりに感化を受け再び生きる希望を見いだし、自ら志願してマッサンに弟子入り。その後、養子として迎えられます。

尚、マッサンの姉・岡崎千加子の長男が亀山酒造の跡継ぎと目されていましたが、長男は教師になった為、悟が跡継ぎ候補に。その悟もマッサンの夢の跡継ぎを自ら志望。なくさずに済んだ生命を好きなように使えと、政志も悟の望みを受け入れることになります。

さて、悟はマッサンとエリーに養子として迎えられた後に結婚。一男一女をもうけますが、その頃のエピソードは特段の脚色はなく、リアルに近い設定で描かれるようです。

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ