中川翔子が『まれ』で演じる小原マキはあまちゃん・美寿々の若い頃?

中川翔子さんが朝ドラ『まれ』で演じる小原マキについてまとめました。

中川翔子が朝ドラ『まれ』で演じる小原マキはあまちゃん・美寿々の若い頃?

NHK連続テレビ小説『まれ』公式サイトによれば、中川翔子さんが演じる小原マキは惚れっぽい恋多き女で、毎年、夏祭りが終る度に新しい恋人が出来ているとか。

このキャラクター設定で思い出すのは『あまちゃん』に登場した先輩海女・美寿々さん(美保純)。美寿々さんも「惚れっぽい性格で恋多き女」にして「かつては何度も男性と駆け落ち」した経験の持ち主。

美寿々さんと小原マキとの間には20歳ほどの年齢差がありますが、美寿々さんの駆け落ちを繰り返した若かりし頃をイメージしているのでしょうか。

ちなみに小原マキはエステシャン。ヒロイン・希の同級生の一人、蔵本一子の母親が経営する美容室「サロン・はる」で働いているのですが、自分の過去について一切語らない謎に満ちた人物なのだそうです。

しょこたんこと中川翔子さんの多岐にわたる才能

ブログをつくれば億単位のアクセスを集める大人気ブログとなり書籍化もされ、テレビ番組内でたまたま描いたイラストが高く評価され漫画家としてもデビュー。更に女優、声優、歌、司会からファッションデザイナーまで。

しょこたんこと中川翔子さんの、マルチタレントなどという安直な言葉では分類しきれない、多岐にわたる分野で才能を発揮するその多芸ぶりを、当ブログ管理人は勝手に「現代サブカルチャー界の本阿弥光悦」と呼んでいます。

(本阿弥光悦は「日本のダ・ヴィンチ」とも言われる安土桃山時代から江戸初期に活躍した人物。書画・漆芸・陶芸等で多くの傑作を残す)

さて、語り尽くせぬほど数多くの逸話を持ったしょこたんこと中川翔子さんですが、朝ドラ『まれ』と同時に、NHK Eテレで中川翔子さん原案、最愛の飼い猫・マミタスが主人公のアニメ『おまかせマミタス』もスタート。

春から夏にかけて、中川翔子さんの才能を存分に堪能出来ることが出来そうです。

▼『おまかせマミタス』
・3月31日(火)から毎週火曜日、夕方6:45より放送

まれ あらすじ | まれ キャスト一覧 | まれ 関連情報

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ