塚地武雅が『まれ』で演じる寺岡真人はとと楽愛妻家

塚地武雅さんが朝ドラ『まれ』で演じる村の郵便局員・寺岡真人についてまとめました。

塚地武雅さんが『まれ』で演じる村の郵便局員で「とと楽」の寺岡真人

朝ドラ『まれ』ヒロインの同級生仲間の一人、寺岡みのり(門脇麦)の父親が塚地武雅さんが演じる寺岡真人(てらおか まこと)です。

女性に働き者が多い能登地方では、妻に働かせ自分は楽をする夫のことを「とと(父)楽」と呼ぶのだそうですが、寺岡真人も劇中に登場する「とと楽」仲間の一人。

家は兼業農家で農業は働き者の奥さんに丸投げ。しかし、仕事の合間に適度に息を抜きつつも郵便局員としてしっかり働いているところが他の「とと楽」仲間と一線を画します。

また、寺岡真人は人並みはずれた愛妻家で、その奥様も穏やかな性格の女性。そんな両親に育てられた娘のみのりは、両親が築いたような温かな家庭を夢見る安定感ある女性として、ヒロイン・希を支える存在となるようです。

お笑いコンビ「ドランクドラゴン」のボケ担当

塚地武雅さんは言わずと知れたお笑いコンビ「ドランクドラゴン」のボケ担当。相方でツッコミ担当の鈴木拓さんも本作『まれ』に出演していますが、塚地武雅さんが輪島編での登場なのに対して鈴木拓さんは横浜編での出演。

それぞれの登場場面が地理的に離れているだけでなく、物語上でも塚地武雅さんと鈴木拓さんの二人の間に接点はなさそうなので、「ドランクドラゴン」の二人が同じ場面で顔を合わせることはどうやらなさそうです。

お笑いコンビ「ドランクドラゴン」のコントでは、塚地武雅さんは強烈な個性を持ったキャラクターを見事なまでに演じ分け、演じたキャラクターがあたかも憑依しているようなリアルさから「憑依芸人」とも呼ばれています。

そんな「憑依芸人」ぶりが認められ、塚地武雅さんはテレビドラマや映画での俳優としての仕事も多数こなし、その演技の味わい深さには定評があります。

朝ドラ『まれ』では、「とと楽」としての残念キャラの一面。一方で娘からも慕われ愛妻家としての良いお父ちゃんの一面。相反する性格を持ったキャラとして絶妙なバランスの取り方が要求される難しい役どころかと思いますが、塚地武雅さんならきっと素敵なキャラを創出してくれるのではないでしょうか。

▼塚地武雅さんの最近の仕事
・花咲舞が黙ってない(テレビドラマ、2014年)
・MIRACLE デビクロくんの恋と魔法(映画、2014年)
・ソロモンの偽証(映画、2015年)

まれ あらすじ | まれ キャスト一覧 | まれ 関連情報

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ