ヒロインは昭和58年生まれ!朝ドラ『まれ』の年代は?

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』のヒロイン・津村希は1983年(昭和58年)生まれという設定です。この生年をもとに、本稿では朝ドラ『まれ』劇中で描かれる時代を振り返ってみました。

朝ドラ『まれ』、希の小学生時代/1994年(平成6年)

朝ドラ『まれ』第1週の希は小学5年生。11歳の誕生日を迎えるこの年は1994年(平成6年)です。三年前の1991年(平成3年)にはバブルが崩壊。バブル崩壊後もバブルの余韻は残っていたものの、バブルに安易に乗った人々が痛手を被り始めたのもこの頃。

そんなタイミングで自己破産したヒロイン・希の残念な父親・津村徹も、バブルに乗って一時期的には儲けることが出来たものの調子に乗り過ぎたツケがバブル崩壊とともにまわって来た一人なのかも知れません。

▼1994年のテレビドラマ
・朝ドラ『ぴあの(純名里沙)』、『春よ、来い(安田成美、中田喜子)』
・大河ドラマ『花の乱(三田佳子)』
・『家なき子(安達祐実)』『お金がない!(織田裕二)』

▼1994年の映画(邦画、洋画の興行収入トップ作品)
・邦画『平成狸合戦ぽんぽこ(声・野々村真)』
・洋画『クリフハンガー(シルヴェスター・スタローン)』

▼1994年の音楽
・年間売上金額ベスト3のアーティスト:trf、Mr.Children、B’z
・デビューしたアーティスト:GLAY、TOKIO、内田有紀

朝ドラ『まれ』、希の高校時代/2001年(平成13年)

希の高校時代は、高校三年生最後の夏休みを中心に描かれます。18歳の誕生日を迎えるこの年は2001年(平成13年)。翌春に高校卒業を迎える希にとって、この年は就職活動をする年に当たりますが、この頃は就職氷河期の真っ只中。

2001年の求人倍率は1.09と、1.00を割り込み0.99になってしまった前年より若干の改善はしたものの就職活動は困難を極めていました。希が高校を卒業し市役所に就職する2002年(平成14年)は、就職氷河期と呼ばれる期間の中では有効求人倍率が底値の0.54を記録。

就職するのも困難、就職した後もその企業がいつまでも安泰とは限らない。自ずと公務員への道は狭き門となりました。希が市役所に就職したタイミングはそんな時代。しかし希は、やっとの思いで得たこの安定した職場を、夢を追うために辞めてしまうのです。

▼2001年のテレビドラマ
・朝ドラ『ちゅらさん(国仲涼子)』、『ほんまもん(池脇千鶴)』
・大河ドラマ『北条時宗(和泉元彌)』
・『HERO(木村拓哉)』『渡る世間は鬼ばかり・第5シリーズ(泉ピン子)』

▼2001年の映画(邦画、洋画の興行収入トップ作品)
・邦画『千と千尋の神隠し(声・柊瑠美)』
・洋画『A.I.(スティーヴン・スピルバーグ監督作品)』

▼2001年の音楽
・年間売上金額ベスト3のアーティスト:浜崎あゆみ、宇多田ヒカル、GLAY
・デビューしたアーティスト:EXILE、コブクロ、CHEMISTRY、松浦亜弥

朝ドラ『まれ』、希の結末は?/2015年(平成27年)北陸新幹線開通?

朝ドラ『まれ』は、ヒロイン・希が出産などを経て故郷の輪島にパティスリー(洋菓子)を開こうと決意する30代前半ころまでが描かれるとのこと。ちなみにヒロイン・希が30歳の誕生日を迎えるのは2013年(平成25年)です。

希が30歳の誕生日を迎える2年後、すなわち本年2015年(平成27年)は北陸新幹線開通の年です。『あまちゃん』最終回が北三陸鉄道・北三陸〜畑野間の運転再開イベントで盛り上げられたように、北陸新幹線開通が『まれ』のクライマックスを盛り上げる「小道具」として登場するかも知れません。

あるいは『カーネーション』のように、『まれ』の放送初日が『まれ』の最終回に?いくらなんでも、これはなさそうですね。

▼2015年のテレビドラマ
・朝ドラ『まれ(土屋太鳳)』、『あさが来た(波瑠)』
・大河ドラマ『花燃ゆ(井上真央)』

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

2 Responses to “ヒロインは昭和58年生まれ!朝ドラ『まれ』の年代は?”

  1. スナフキン より:

    ごちそうさん、花子とアン、マッサンと途中で戦争を挟む朝ドラが続いてきたので久しぶりに現代に近づく時代設定ですがあまちゃん同様に途中に震災を挟んでくるんでしょうかね?

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      物語の舞台の一つ、輪島では2007年に能登半島地震が発生。劇中に登場する輪島塗の場面に協力した塗師屋の蔵が崩壊するなどの被害が発生。
      また2011年の東日本大震災の際も、首都圏の中でも横浜は揺れの大きい地域で少なからぬ被害も出ています。
      多少は触れることになるかも知れませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ