まれ 第5週 情熱ミルフィーユ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年4月27日 〜 5月2日放送
第5週「情熱ミルフィーユ」

『まれ』第5週「情熱ミルフィーユ」あらすじ

希が就職して半年ほど経った頃、市役所が催した移住体験ツアーに参加した安西と名乗る男が輪島塗に強く関心を持ち始めました。安西に移住してもらいたい一心の希は、安西に圭太を紹介。安西は圭太から輪島塗について熱心に学び始めます。

しかしその安西はある企みを持っていました。安西の正体は経営コンサルタントで、輪島塗を大量生産することで一儲けしようと目論んでいたのです。安西は早速、塗師屋の八島を籠絡し、輪島中の塗師屋から職人たちを引き抜きはじめました。

混乱に陥る輪島の職人たち。激怒した弥太郎は、八島を安西に引き合わせた圭太を破門。混乱した事態への責任を感じる希は、圭太の破門を撤回してもらおうと文と元治まで連れて頼み込むものの、弥太郎は希の願いに応じようとはしません。

一方、破門を言い渡されていた圭太は故郷を捨て東京に行く気持ちを固めつつありました。そんな圭太を希が一喝。希は改めて弥太郎に破門撤回を懇願。圭太も、もう一度やり直すチャンスをほしいと手をついて詫び、ついに弥太郎は圭太の願いを受け入れるのでした。

<<前週 第4週 | 次週 第6週>>

『まれ』第5週「情熱ミルフィーユ」各回あらすじとレビュー

第25話 4月27日(月) 輪島移住体験ツアー開催
第26話 4月28日(火) 輪島塗に関心を示す安西
第27話 4月29日(水) 弥太郎が圭太を破門する
第28話 4月30日(木) 弥太郎と博之不仲の原因
第29話 5月1日(金) ミルフィーユの謎を理解
第30話 5月2日(土) 圭太破門撤回/藍子の母

『まれ』第5週「情熱ミルフィーユ」
 事前発表あらすじのレビューと解説

今週、安西という男が巻き起こす騒動への弥太郎の反応を通して、弥太郎のものづくりに対するストイックな姿勢が描かれます。本物を追求するためには妥協を許さない弥太郎の生き方は希の職人魂に良き影響を与え、将来の、希の職人としての心構えがこの週で涵養されるようです。

それは圭太にとっても同様のこと。一度は破門され辛い思いを味わうことで、ものづくりの道の厳しさを知った圭太は、この経験を通して職人として一段高みに上ることが出来るのかも知れません。近い将来、成長した希と圭太が分野は違えど同じ職人として、叱咤激励し合いながらものづくりの道を極めて行く日々。今週はそんな日々のフラグなのでしょうか。

ところで今週のサブタイトルの「ミルフィーユ」とは、パイ生地とクリームを何層にも重ね合わせたお菓子の名前。その製造工程が、漆を何重にも塗り重ねる輪島塗のそれと似ていることを、劇中で希が説明する場面がこの週の前半に登場します。

希が輪島塗と重ね合わせる「ミルフィーユ」。今週のサブタイトルは、希の夢のみならず、輪島塗の伝統の世界。あるいはものづくりの道、ものづくりに携わる職人魂全体を暗喩していると考えるのは、少々うがち過ぎでしょうか。

追記:上述のあらすじでは省略しましたが、今週はもう一つ職人魂を物語るエピソードが登場。移住体験ツアーに安西とともに参加する女性で、ミルフィーユのパイとクリームを重ねる手間をかける意味が理解出来ない。そしてその謎を解明するまで洋菓子店巡りを続けるという、もはや変人レベルのこだわり方もまた希に影響を与えます。

『まれ』第5週「情熱ミルフィーユ」
 一週間のエピソード観賞後の感想

前週の希ちゃんは市役所に就職したばかりで不慣れな仕事に翻弄されていた上に、桶作親子のことで頭がいっぱいで封印していた夢を振り返っている暇などなかった。そして今週。仕事にも慣れて心に余裕が出来た希ちゃんが再び夢を思い出しました。

一方で徹さんも、清掃員になって以来久しく失いかけていた夢を追うことの高揚感を思い出しました。そして夢を追う徹さんと、夢を断念した徹さんの輝き方の違いを藍子さんは目の当たりにする。

安西氏という一人の厄介な人物が起こした騒動を通して、かたや安西氏が巻き散らかしたゴミの回収の中で希ちゃんの中の眠れる夢が目を覚まし、かたや安西氏そのものに関心を持つ中で短い間ながらも夢を見ることが出来た徹さん。実に巧みなストーリーテリングです。

特に希ちゃんに関しては、次週いよいよ本格的に夢と向き合います。予告編動画でも「パティシエになりたい」と、希ちゃんがついに自分の夢を言葉に出していました。希ちゃんに再び夢に向き合わせるための、安西氏騒動だったと納得の第5週でした。

<<前週 第4週 | 次週 第6週>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ