あまちゃん 7話 アキの海女生活はじまる

連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年4月8日(月)
再放送:2015年4月13日(月)
第2週 第7話 「おら、東京さ帰りたくねぇ」

『あまちゃん』第2週 第7回
「おら、東京さ帰りたくねぇ」あらすじ

アキの新人海女としての日々が始まりました。はじめは浜の掃除や殻捨て、そして観光海女として接客などをこなし、それらが終わってからようやく潜り方を教わります。帰宅は夜になり、アキは夕食の最中に居眠りしてしまうほど疲れ切ってしまいました。

一方、春子はタクシー運転手の夫・黒川正宗との離婚を考えていることを夏に告げました。東京に戻る理由がなくなった春子に、夏はスナック梨明日で働くことを勧め、春子もそんな母の気遣いにようやく母に娘の顔を見せるのでした。

スナック梨明日で働き始めた春子のもとに、早速、大吉がやって来ました。田舎が嫌いというより田舎にいた自分が嫌いと言う春子に、大吉は自分の胸の内を明かしました。春子がいた頃の北三陸の輝きを自分は取り戻したいのだと。

アキは新人海女として、早朝からウニ丼の製造販売の手伝いや海に潜る練習に勤しむ夏休みを満喫。一方、春子は離婚する決意をついに固めていました。その頃、春子の夫・正宗は自分のタクシーを運転して北三陸駅までたどり着いたところでした。

『あまちゃん』第2週 第7回
「おら、東京さ帰りたくねぇ」感想

大吉さんの町おこしにかける思いが熱い!そして春子さんを想い続けて来た、大吉さんの叶わぬ恋が切ない。

あの頃の春ちゃんが好き。春ちゃんがいた頃の北三陸が好き。北鉄が黒字経営を続けていたころ。駅前ショッピングセンターがあった頃。あの頃みんな輝いていた。そんな輝いていた昔を懐かしむだけでなく取り戻そうと行動し続ける大吉さんが熱過ぎます。

一方で春子さんは、北三陸が輝いていた頃、北三陸が嫌い。北三陸にいる自分が嫌い。しかし、もし春子さんが東京で生まれ育ったとしてもきっと東京にいる自分が嫌いになっていたような気がします。大吉さんの場合は、東京で生まれ育っていたならきっと東京を愛する熱い男になっていたのでしょう。

一体、この差がどこから生じるのか。考えさせられる『あまちゃん』第7話でした。

話しが前後しますが、夏ばっぱと春子さんの親子らしい姿が見え隠れしはじめ安心しました。第1週の夏ばっぱと春子さんのいつもピリピリしている母娘の姿は見ていてかなりつらいものがありました。

<<前回6話 | 次回8話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ