あまちゃん 8話 正宗が東京から北三陸に

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年4月9日(火)
再放送:2015年4月14日(火)
第2週 第8話 「おら、東京さ帰りたくねぇ」

『あまちゃん』第2週 第8回
「おら、東京さ帰りたくねぇ」あらすじ

東京から自分のタクシーを運転し、やっと北三陸駅までたどり着いた春子の夫・黒川正宗。正宗は、東京の家を出たまま連絡が途絶えてしまった妻・春子と娘・アキを連れ戻すために北三陸までやって来たのです。

その頃、海女の修行中だったアキは、漁協に貼ってあった古い海女の写真を見て海女になる自信を失っていました。その写真に写っている海女たちは皆、上半身は裸です。アキは、上半身裸になることに抵抗を感じていたのです。

しかしアキはすぐに安心することに。海女が観光用になって間もなく、観光客の前で上半身裸にさせるなと海女の夫たちが抗議。今では海女は絣半纏を着ることになっていたのです。更にその時の抗議活動で、夏が漁師・忠兵衛と出会ったこともアキは知るのでした。

再び海女修行に戻ったアキのもとに父・正宗がやって来ました。学校を休んだことを責め立てアキに詰め寄る正宗。すると夏が正宗の前に立ちはだかりました。突然の義母の登場にたじろぐ正宗に夏は「離婚すると聞いている」と切り出し、正宗を驚かせました。

『あまちゃん』第2週 第8回
「おら、東京さ帰りたくねぇ」感想

敵の敵は友と言いますが、夏ばっぱの今現在の敵は春子さん。その春子さんの今の敵は正宗さん。すなわち夏ばっぱから見て正宗さんは友。こじれた人間関係が定石通りに展開するならば、そんな展開になる状況です。

ところが、夏ばっぱにとっても春子さんにとっても大切なアキちゃんを、正宗さんは敵にまわしてしまった。正宗さんがアキちゃんの敵になったことで一転、夏ばっぱと春子さんは一旦休戦し、二人の矛先は正宗さんに向かう。

夏ばっぱと春子さんが共通の敵を持つことになった結果として、春子さんの離婚の決断に夏ばっぱが理解を示すことに。正宗さんのアキちゃんを責め立てる態度を見て、この男となら離婚したほうが娘にとっても孫にとっても幸福だと考えたのかも知れません。

ただし春子さんが離婚を決断した理由は、今のところ当事者の正宗さんにもわからない。夏ばっぱもまだわかってはいないはず。離婚決断の理由を知らぬまま、安易に離婚を支持してしまってもいいものなのか、そんな疑問もなきにしもあらずです。

家族関係の対立図式が次々に変遷するのがリアルで楽し過ぎます。これでもし正宗さんがアキちゃんを再び味方につけることが成功したら、今度は春子さんが孤立してしまうはず。アキちゃんを軸にした夏ばっぱ、春子さん、正宗さんの三者のバランスから目が離せません。

<<前回7話 | 次回9話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ