あまちゃん 25話 アキの動画がユイを超す

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年4月29日(月)
再放送:2015年5月4日(月)
第5週 第25話 「おら、先輩が好きだ!」

『あまちゃん』第5週 第25回
「おら、先輩が好きだ!」あらすじ

2008年10月、海女のシーズンの最後を飾る「本気穫り」が終わるとすぐに、安部は「まめぶ」の販売をするために北三陸の町を去って行きました。程なくして事務の交代要員としてシングルマザーの花巻が娘とともにやって来ました。

海女漁シーズンが終わり、海に潜れなくなったアキは寂しさと物足りなさからため息ばかりつく日々を送るようになりました。それは先輩海女たちも同じこと。ため息をつきながら漁協でミサンガづくりをこなす単調な日々が過ぎて行きます。

その頃、アキが初のウニを穫った動画が人気を集め、ついに閲覧数がユイの動画を超える事態となりました。アキ目当ての観光客が北三陸の町に殺到するものの、すでに海女漁は終わり落胆して帰ってゆく大勢の観光客たち。

せっかく人が集まり続けても提供するものがない状態を打開できないかと大吉らが新たな施策を話し合う中、夏がある提案をしました。それは海女のコスプレをして北鉄車内でウニ丼を売るという企画。そのアイディアに大吉は食らいつくのでした。

『あまちゃん』第5週 第25回
「おら、先輩が好きだ!」感想

「海女のコスプレで北鉄でウニ丼を売る」「奇跡のコラボ」などのキーワードが北三陸をなんとかすっぺ会議で初登場。もしかしてこれは北三陸の町おこしの転機となる「歴史的瞬間」を目撃してしまったのか。

町おこしと聞いて僕が真っ先に思い浮かべるのは徳島県上勝町の「葉っぱビジネス」。料亭で料理のツマとして出される葉っぱを、農家のおばあちゃんたちが自分の家の庭先などで「収穫」し、「商品」として流通。

80歳、90歳のおばあちゃんたちがパソコンやタブレットを駆使して受注を競い合い年商一千万円超のおばあちゃんも輩出しているとてつもない町おこし。

もともとは冷害などで疲弊した農村の窮状をどうにな出来ないかと思案した農協の職員が、はじめは様々な農産物栽培の試行錯誤からスタート。その村では当たり前に茂っている葉っぱが、街では珍しがられていることを知ったのがきっかけ。

伝説もはじまりは小さなきっかけから。北三陸の町おこしの伝説も夏ばっぱの一言がこれから大きく成長してゆくのでしょうか。「すべてはここから始まった」的なストーリーは大好物なので楽しみになってきました。

<<前回24話 | 次回26話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ