あまちゃん 28話 潜水土木課への編入決意

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年5月2日(木)
再放送:2015年5月7日(木)
第5週 第28話 「おら、先輩が好きだ!」

『あまちゃん』第5週 第28回
「おら、先輩が好きだ!」あらすじ

アキは総重量70キロもある潜水服を着用して、初めての潜水体験実習を受けてみました。プールの底で、一目で恋に落ちた先輩の種市浩一に手をとってもらいながら指導を受けることができ、幸せでいっぱいです。

一方でヒロシはアキへのラブレターをユイに託していました。その一部始終を駅で見ていた吉田はその夜、スナック梨明日で春子や大吉たちに報告。アキはネット上ではアイドルなのだから、スキャンダルを避けるようヒロシに注意したほうがいいと話し合いました。

ヒロシがアキへラブレターを送ったことを聞いた春子は、高校時代に菅原から頼まれ交換日記をしていたことを暴露。三日で終わってしまった交換日記は、その内容を大吉と吉田にすべて読まれてしまうのでした。

アキは種市浩一に恋してからというもの、春子の隠し部屋に入り浸るようになっていました。そんなある日、アキが隠し部屋に隠した潜水土木課への編入届を春子が発見。春子はそのことをアキに問い詰めるものの、アキの決意の固さを知り反対できません。

『あまちゃん』第5週 第28回
「おら、先輩が好きだ!」感想

『君に、胸キュン。』、そして「交換日記」。80年代の松田聖子と柏原芳恵のヒット曲。「恋愛」がまだ初々しかった80年代のアイテムをたっぷり使って描かれるアキちゃんの初恋がみずみずしい。80年代のアイドル映画を観ているかのようです。

脚本家の先生は80年代に青春の日々を過ごされた方。だから初恋を可愛らしく描くのに、ご自分がアキちゃんの同年代だった80年代アイテムで演出したのでしょうか。同じ80年代に青春時代を過ごした僕にも心地よい演出でした。

ところで、初恋に舞い上がるアキちゃんは、80年代で時間が止まった「春子の部屋」に入り浸る。アキちゃんにとっても、恋に身を委ねようとしたら80年代の文化がなくてはならない存在だったのか。2000年代の文化は心に響かない?

80年代で時間が止まったままの「春子の部屋」で、80年代にタイムスリッップしながら初恋の「胸キュン。」に浸るアキちゃんの姿が愛らしく感じる反面、リアルタイムではそんな想いに浸れるアイテムに乏しい時代に生まれたことを気の毒に思います。

一方で、ヒロシくんのラブレターを「アイドルのスキャンダル」と懸念する大吉さんたち。大人たちがヒロシくん初のスキャンダルに気を取られている間にアキちゃんの「スキャンダル」は着々と進行。見事なストーリーテリングです。

<<前回27話 | 次回29話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ