あまちゃん 36話 忠兵衛が春子の過去暴露

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年5月11日(土)
再放送:2015年5月16日(土)
第6週 第36話 「おらのじっちゃん大暴れ」

『あまちゃん』第6週 第36回
「おらのじっちゃん大暴れ」あらすじ

アキの父・正宗が東京から北三陸にやって来ました。アキの17歳の誕生日を祝うために来たと聞かされるアキは、父が自分の誕生日を覚えていたこと、そして自分は自分の誕生日を忘れていたことに驚くのでした。

その頃、種市からミサンガをプレゼントされたアキは、それが「誕生日プレゼント」だったと気づき、お礼を言おうにも連絡先がわかりません。種市の電話番号はユイが調べてくれることになりプレゼントのミサンガを腕に付け眠るアキ。

週末、終電までウニ丼販売をしたアキが大吉の車で送ってもらおうとすると、大吉はスナックで待つようアキに告げます。アキがスナックに入ると、そこでは誕生日パーティーのサプライズが準備されていました。

ユイに呼ばれやって来た種市に、潜水士の資格試験が合格したらデートしてほしいとお願いするアキ。その頃、春子にカラオケで『潮騒のメモリー』を歌えと頼む忠兵衛は、春子がアイドルになると言って家出した過去を暴露してしまうのでした。

『あまちゃん』第6週 第36回
「おらのじっちゃん大暴れ」感想

前週までは常にその場の空気を仕切りまくっていた春子さんが、今週になってスランプに陥ったみたいで空回りばかり繰り返しています。

父・忠兵衛さんの帰還で、父が死んだことにされていたのを詰ろうにも誰にも相手にされず、離婚を打ち明けても「あ、そう」の一言を返されるだけ。

子供だとばかり思い込んでいたアキちゃんは、実は自分が考えている以上に、というか春子さんよりもずっと大人。

加えて、これまでずっと正宗さんに言いたい放題だった春子さん。それが、今回は忠兵衛さんから「亭主にそういう口のきき方するな」と反論できないような勢いで一喝され、たたみかけるように夏ばっぱからも「亭主を立てろ」と諭される。

そして最後の最後に春子さんの過去が忠兵衛さんの爆弾投下で暴露。やられっぱなしの春子さん。

『潮騒のメモリー』はそんなタイミングで登場!しかも歌詞にある「17歳」を祝う場で。正宗さんがカラオケに『潮騒のメモリー』を入れたそうで、予告には春子さんが『潮騒のメモリー』を披露する映像も挿入されていました。

次週は一体どうなるのか、とっても気になる第6週の結末でした。

<<前回35話 | 次回37話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ