あまちゃん 38話 デモテープと応募用写真

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年5月14日(火曜)
再放送:2015年5月19日(火)
第7週 第38話 「おらのママに歴史あり」

『あまちゃん』第7週 第38回
「おらのママに歴史あり」あらすじ

アキは、春子が若い頃にオーディションを受けた事実を知ってしまいました。その時の春子の応募写真を見つけ出そうとアキが隠し部屋の中を引っ掻き回していると、アキが探している写真を手にした春子が姿をあらわしました。

これまで隠していたわけじゃない、ただ言う必要がなかっただけとアキに釈明する春子。しかし春子は自分の過去の封印を解くと、アキに対して堰を切ったように独自のアイドル論を展開しはじめ、その日はスナックの仕事も休んでしまいます。

その頃、春子が町を出た経緯を聞きたいという正宗の願いを聞き入れ、大吉たちがスナック梨明日に集まっていました。そして大吉は、自分が北鉄に就職した頃に春子がオーデョション番組に送ったデモテープを受け取っていたことを正宗に明かしました。

隠し部屋で、春子とアキは話し続けています。話しはオーディションに応募し続けていた頃のことに及び、箱の中からその頃ダビングしたデモテープを発見。春子はそのテープをラジカセにセットするとスイッチをONにしました。

『あまちゃん』第7週 第38回
「おらのママに歴史あり」感想

春子さんのアイドル論、たいへん勉強になりました。アイドルに関心を失ったのがいつ頃だったか失念しましたが、振り返ってみるとアイドルの果たす役割がある時期からそれ以前と変わってきているなとは薄々感じてました。

と言って、どう変わったのか真剣に調べたり考えたりするほどの関心もなかったので、深く追求せぬまま今日に至りました。春子さんによれば「歌を歌う人はアーティスト、演技する人は女優、モデルはモデル、グラビア専門等、今は棲み分けが出来ている。昔は全部アイドルがやってた」

思い起こせば、アキちゃんがよく聞いている『君に胸キュン』のYMOはアイドルにカテゴライズしてしまっていいものなのか。同曲をリアルタイムで聴いたいた頃、そんなことをよく考えていたものです。

そんな「アイドル」にカテゴライズ出来ない「アーティスト」の登場が、後々の細分化に繋がっていったのかもしれませんね。

また、1980年夏、山口百恵の引退直前と松田聖子のデビューが重なる二大アイドルが二人とも揃ったアイドル黄金期というのも新鮮な驚きでした。二人の活躍時期はずれていたものとばかり思い込んでいましたが、重なっていた時期がわずかながらもあったとは。新しい発見がいろいろあった38話でした。

<<前回37話 | 次回39話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ