あまちゃん 39話 オーディション合格通知

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年5月15日(水曜)
再放送:2015年5月20日(水)
第7週 第39話 「おらのママに歴史あり」

『あまちゃん』第7週 第39回
「おらのママに歴史あり」あらすじ

春子が17歳の時に録音した『初恋』のデモテープを聞きながら、春子はアキに語り始めました。家出の直接のきっかけとなった、オーディション番組『君でもスターだよ』への出演の合格通知をもらうことが出来た自分の過去のことを。

オーディション番組「君でもスターだよ」に出場できる機会をつかんだ当時17歳の春子は、夏に土下座して東京に行かせてほしいと頼み込みました。しかし、十週勝ち抜くことは出来そうもないが二度とないチャンスだと語る弱気な春子に夏は激怒。

夏は春子に詰め寄りました。「君でもスターだよ」出演は、本気なのか遊びなのかと。本気という答えを春子から聞いた夏は番組出演を認めることに。しかし、その直後に北三陸市長と海女たちが、春子に海女をやってくれと懇願。翌朝、春子は家出をしたのです。

母の隠された過去を初めて聞かされアキは心の底から驚驚かされます。その日の夜、忠兵衛が漁師をやめ家に住むとの宣言し、忠兵衛が大好きなアキは欣喜雀躍。実は忠兵衛は、定期検診であまり良くない結果が出たため、漁師引退を決意していたのです。

『あまちゃん』第7週 第39回
「おらのママに歴史あり」感想

17歳の春子さんに、本気か遊びか、ゼロか十かと迫る夏ばっぱが格好良過ぎです。これで少なくとも夏ばっぱは春子さんがアイドルになることや、東京に行くことを決して反対していたわけではないということだけは明らかに。

ところで、あの状況で母親から「本気か遊びか、ゼロか十か」と詰め寄られたら答えの選択肢は一つしかない。春子さんは苦し紛れで「本気」と答えた可能性も排除できない。春子さんの言う「本気」は本当に本気だったのか、気になるところです。

また、北三陸市長や海女たちが天野家にやって来て「海女になってくれ、潜ってくれ」と懇願。その場で夏ばっぱは説得こそしませんでしたが、その場で結論を出すことを避け体よく皆を追い返すことに成功。

17歳の春子さんが、母は説得すると言っておきながら説得してくれなかったと落胆するのはわかります。しかし、夏ばっぱの大人の対応としてはあれがギリギリのやり方かと。というか、あの時に夏ばっぱは、春子さんに家出する隙を与えたのかも知れません。

17歳の春子さんにそれを理解しろというのは無理があるかも知れません。しかし40歳を過ぎた春子さんには、あの状況では最善の対応だった理解してほしかったな。しかし、それが理解できないからこそ、ドラマとして成り立つわけでもあります。

<<前回38話 | 次回40話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ