あまちゃん 44話 天野家にサンタクロース

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年5月21日(火)
再放送:2015年5月26日(火)
第8週 第44話 「おら、ドキドキがとまんねぇ」

『あまちゃん』第8週 第44回
「おら、ドキドキがとまんねぇ」あらすじ

春子は大吉に立ち会ってもらい、正宗に離婚届への捺印を迫りました。夫としての非を改め自分を変えると春子に再考を懇願する正宗。春子は変わらなければならないのは自分自身で、そのためには東京の暮らしを捨てる必要があるのだと正宗に告げました。

せめてクリスマスを家族三人で暮らしたという正宗に対して、春子は今この場で離婚届に捺印してほしいと迫り議論は膠着状態に。今この場で離婚したら今年のサンタクロースはどうなる?と問う正宗。春子は一歩譲り、クリスマスの日の離婚を承諾しました。

その頃アキは、喫茶リアスでサンタクロースは信じる者のもとにやってくると店の常連の面々に力説していました。高校生にもなってサンタクロースを心から信じているアキに唖然とする一同。しかしアキの信じる心は揺るぎません。

そして迎えた2008年のクリスマスイブ。サンタクロースに扮した正宗は就寝中のアキのもとにプレゼントを置くと、ママのことを頼むとアキに言葉を残します。そして離婚届への捺印を済ませた正宗は、その日の真夜中に北三陸を発って行ったのでした。

『あまちゃん』第8週 第44回
「おら、ドキドキがとまんねぇ」感想

種市がアキに告白、そして・・・実はこれはアキの夢ですとナレーションで教えてもらうまでもなく『君に胸キュン』が夢だと教えてくれていましたが、でももしかすると夢でなくリアル?とちょっとだけびっくりの冒頭場面でした。

実にリアルに描かれた夢の場面に対して、今回44話の重要な二つの場面、こちらはリアルであるはずなの、まるで夢を見ているみたいな描き方。

まず一つは離婚届の捺印の押し問答場面。この場面、大吉さんの目線から描かれましたが、その大吉さんの目線がまるで夢のよう。夢というよりか泥酔状態の時に人の話し声が遠くに響いて聞こえる夢か現(うつつ)かという心地の時のような描き方。

大吉さんの「夢か現(うつつ)か目線」ではありましたが、あの時は、春子さんも正宗さんもお互いの言葉があんなふうに聞こえていたのかも知れません。特に正宗さんは、これは夢だ、夢であってほしい、そんな気持ちだったかも。

そんな正宗さんの願いも空しく夢は現実に。しかし悲劇が現実になる直前にサンタクロースに変身。田舎の古民家の居間に突然現れた実にリアルに作り込まれたサンタクロース、その光景がアキちゃんの見た夢以上に夢みたい。

しかし、その夢か幻かみたいなサンタクロースを夢うつつで見たアキちゃんは、それをリアルのサンタクロースと確信し、信じていたから今年もまた自分のところに来てくれたと満足したことでしょう。そして、リアル・サンタクロースで娘への愛情を最大限に表現し、去って行く正宗さんの無念さに泣く第44回でした。

<<前回43話 | 次回45話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ