あまちゃん 47話 潮騒のメモリーズの誕生

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年5月24日(金)
再放送:2015年5月29日(金)
第8週 第47話 「おら、ドキドキがとまんねぇ」

『あまちゃん』第8週 第47回
「おら、ドキドキがとまんねぇ」あらすじ

お座敷列車の運行日が発表され5000円のチケットも瞬く間に完売してしまいました。大吉は急きょ臨時列車を出すことにし、その日だけでお座敷列車を3往復させることも決定。そして、アキとユイのユニット名も「潮騒のメモリーズ」に決まりました。

連日、歌の練習に励むもののなかなか上達せずどこか遊び半分のアキ。一方、本気でアイドルを目指しているユイにとってはこの機会は大事なスタートです。真剣にやってくれないと困るとユイはついにアキに対して怒り出してしまいました。

ユイを怒らせてしまい家で落ち込むアキ。そこにユイの母・よしえが自らつくった「潮騒のメモリーズ」の衣装を持ってやって来ました。よしえから、アキがいてくれることを心から喜んでいるユイの本心を聞かされ、アキはうれし泣きしてしまいます。

アキとユイの二人の母が一緒になって「潮騒のメモリーズ」の振り付けを考えているその時、アキはユイに電話をしていました。電話を切る時に何故か「ごめんね」と言うユイ。そのユイの横には電話が終わるのを待っている人影が。それは種市でした。

『あまちゃん』第8週 第47回
「おら、ドキドキがとまんねぇ」感想

ユイちゃんの母親・よしえさんがアキちゃんに、「アキの話しばっかりする。アキが隣にいてくれて本当に良かった。一人だと恥ずかしくて何も出来ない。アキがいるから毎日が楽しい」と、ユイちゃんのアキちゃんに対する本心を告げる。

どこかで見たような場面だなと考えているうちに数年前の朝ドラ『ちりとてちん』にも似たような場面があったことを思い出しました。ヒロインB子とユイちゃん的立ち位置のA子。A子の本心をA子の母親がB子に告げる、そんな場面が。

この場面を思い出して気がつきました。『あまちゃん』は『ちりとてちん』にとても良く似ていることに。前回あたりから登場しはじめたアキちゃんとユイちゃんの三角関係も『ちりとてちん』でも同様の構図で登場。

また夢破れたユイちゃんが一時期心がすさんでしまうところも『ちりとてちん』に同じ。旅立つ娘の乗る電車を応援する母親という構図も同じ。(ただし『あまちゃん』の場合は、ヒロインの母と祖母の母娘。しかも娘は見送る母の姿に気付かない)

『あまちゃん』再放送と同時に本放送の『まれ』が『あまちゃん』に似ていると指摘されていますが、僕は『まれ』はむしろ『ちりとてちん』に似ていると思っていました。でも、そもそもが『あまちゃん』が『ちりとてちん』に実によく似ている。だから『まれ』も『あまちゃん』に似ているということなのでしょう。

<<前回46話 | 次回48話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ