あまちゃん 59話 両親への説得試みるユイ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年6月7日(金)
再放送:2015年6月12日(金)
第10週 第59話 「おら、スカウトされる!?」

『あまちゃん』第10週 第59回
「おら、スカウトされる!?」あらすじ

ユイに呼び出されたアキは海女カフェに向かいました。ユイは家族と喧嘩になり飛び出して来たと告げ、アキを驚かせます。岩手にいたくないと言うユイに、水口は芸能界入りには両親の同意が必要だと諭し、高校を卒業し両親を安心させるよう諭すのでした。

水口の説得に応じ、ユイはオーディションを受けたいと説得を試みるものの母は理解しようとはしません。ついに「お母さんみたいになりたくない」と言い出すユイにヒロシが激怒。功も、自分の好きな道を進むのは構わないが母親を悪く言うのは許さないと戒めます。

その頃、春子はアキの洗濯物の中から一緒に洗ってしわだらけになった紙片を見つけました。その紙片を広げるとそこには水口の名前と、春子もよく知る芸能事務所の社名が記されています。春子は水口の正体を見破りました。

一方、自分は利用されていただけと知り美寿々は失意に沈んでいました。美寿々は水口との結婚まで考えていたのです。ショックを受けたのは勉も同じことでした。弟子として期待していた水口の裏切りを知った勉は、琥珀の坑道に駆けつけ水口を一喝しました。

「出てゆけ!」

『あまちゃん』第10週 第59回
「おら、スカウトされる!?」感想

『ちりとてちん』と良く似た点が多々ある『あまちゃん』ですが、またそっくりな場面が登場しました。東京に行きたがるユイちゃんに猛反対の母、そんな母にユイちゃんが「お母さんみたいになりたくない」と言い放つ場面。ここがそっくりです。

ただし『ちりとてちん』とちょっと異なるところは『ちりとてちん』の場合、同じ状況で同じ台詞を口にしたのがヒロインだったという点。同じ台詞を口にしたのがヒロインか、ヒロインの友人かという点。さらに細かいことを言えば、行きたい「都会」が東京と大阪という違いもあります。

しかし、状況は同じ、台詞も同じながらもその目的は全く異なります。『ちりとてちん』のヒロイン・喜代美の場合は、嫌いな自分を克服したい。そのための大阪行きです。一方、ユイちゃんの場合は嫌いな田舎から大好きな自分を逃してあげるため。

『ちりとてちん』のヒロインが嫌いな自分を克服したいという切羽詰まった思いがあったので、暴言もどこか許せるところがありました。残念ながらユイちゃんの暴言は、見ていてつらいものがありました。同情の余地はあまりないかもです。

母親を見下しているようなところも見え隠れ。ヒロインではないから安心してそんな役割を当てることができたのでしょうが。ヒロインがこれをやったらかなり残念だったかもです。

それでもユイのお父さんの態度が立派で救われました。どんな道を選んでも構わないがお母さんを悪く言うな。実にしっかりしたお父さんだったんですね。さすが町の名士だと改めて見直しました。

<<前回58話 | 次回60話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ