あまちゃん 66話 アキとユイが家出を企む

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年6月15日(土)
再放送:2015年6月20日(土)
第11週 第66話 「おら、アイドルになりてぇ!」

『あまちゃん』第11週 第66回
「おら、アイドルになりてぇ!」あらすじ

アキがアイドルになりたいと宣言し、春子に初めて反発した明くる日、アキと春子はお互いに険悪なまま朝を迎えました。その日、アキとユイは家出を企てはじめました。深夜バスを使って東京に向かおうというのです。

一方、ユイの家出を警戒する町の人たちは間者としてヒロシをアキのもとに放ちました。言葉巧みにアキの本心を聞き出すヒロシですが、家出について尋ねるとアキは口を閉ざしてしまい、一番肝心なことを聞き出すことに失敗。

その頃ユイは、その夜に出発する東京行きの深夜バスのチケットを購入。家出が家族に発覚しないように荷物を必要最低限にまとめ出発準備を整えていました。一方のアキは、出発前にせめて夏の顔を見たいと一旦家に帰りました。

家に戻ったアキは、北三陸での幸せな日々を思い出していました。夏が眠ったのを見届けると、夏がつくったウニ丼を一つもらってアキは家を発ちました。電車の中で涙を流しながらウニ丼を頬張るアキは、ユイのもとに向かうのでした。

『あまちゃん』第11週 第66回
「おら、アイドルになりてぇ!」感想

夏ばっぱから「アキのおかげだ、毎日大盛況でよお、嬉しい悲鳴だ」と思いがけず優しい言葉をかけられ、それまでの北三陸での幸せに満ちあふれた一年間の日々がフラッシュバック。涙ながらにウニ丼食べるアキちゃんも名演。

涙を流しながらもウニ丼を黙々と食べ続けるアキちゃんの旺盛な食欲が、涙の場面を湿っぽさから救い出し絶妙のバランス感覚です。

それにしてもウニ丼、立て続けに二つも食べるなんて。おばあちゃんの味を忘れないようにしたかったのかな。実際、涙ながらのウニ丼の味は一生忘れられない味になったことかと思います。

ウニ丼を二つ食べたアキちゃんの決意が凛々しい。

いつかはママみたいに向き合わないと。地元の東京でダサかった頃の自分と。北三陸でチヤホヤされると、地元の東京では駄目だったくせにという声が聞こえる。自分は田舎に逃げて来たわけじゃない。東京でもやれる、東京を克服しないと。

以上、アキちゃんの決意。母・春子さんをついに超越し、アキちゃんが親離れした瞬間を見せような気がしました。

<<前回65話 | 次回67話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ