あまちゃん 72話 功が倒れアキ一人で出発

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年6月22日(土)
再放送:2015年6月27日(土)
第12週 第72話 「おら、東京さ行くだ!」

『あまちゃん』第12週 第72回
「おら、東京さ行くだ!」あらすじ

アキとユイが北三陸を発つ当日を迎えました。アキは先輩海女や北三陸の顔馴染みの人たちに万歳三唱で見送られ、大吉が手配した臨時列車に乗り込みます。臨時列車が出発する直前、春子は一通の手紙をアキに手渡しました。

アキの見送りが終わり、自分が出発した時は誰も見送ってくれなかったと愚痴る春子に、勉が意外な真実を明かしました。春子が出発した朝、大漁旗を振って春子を乗せた電車を見送っている夏に、勉は浜で会ったというのです。

大吉は悔やみました。あの日、自分が電車の中で声をかけたばかりに、春子が自分を見送る夏の姿を見ることができなかったのだと。その頃、浜にいる夏はアキを乗せた臨時列車に向かて大漁旗を振り、アキもその姿に手を振って応えていました。

一方、ユイは窮地に陥っていました。東京への出発前夜、ユイの父が急病で倒れてしまったのです。ユイはアキとともに出発することが出来なくなってしまいました。「すぐ行くからね、待っててね」ユイは涙ながらにアキを見送るのでした。

『あまちゃん』第12週 第72回
「おら、東京さ行くだ!」感想

出発するアキちゃんに贈った春子さんの言葉が実にいい。

「あんたがこっちに来て、あんたでなくみんなが変わった。それはすごいことだから自信を持ちなさい」

春子さんが娘に初めて贈る褒め言葉だったかも知れません。

春子さんとアキちゃんの母娘関係の心の空には雲が一点もない状態になりました。そして、夏ばっぱと春子さんの母娘関係も、勉さんのまさかの真実暴露により、心の中には雲ひとつなくなりました。めでたし。

1984年、春子さんを大漁旗に送り出す夏ばっぱ。そして今回アキちゃんを同じように送り出す夏ばっぱ。『ちりとてちん』で糸子お母ちゃんが五木ひろしの『ふるさと』で喜代美を送り出した巣立ちのシーンと並ぶ名場面。

そしてアキちゃんは出発しました。

しかし、自分一人でも東京に行くつもりだった積極的なユイちゃんが行けなくなり、ユイちゃんと一緒なら行ってみようかという消極的なアキちゃんだけが一人、東京に向かう皮肉。甘酸っぱい旅立ちでした。

<<前回71話 | 次回73話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ