あまちゃん 76話 1984年、春子の手紙

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年6月27日(木)
再放送:2015年7月2日(木)
第13週 第76話 「おら、奈落に落ちる」

『あまちゃん』第13週 第76回
「おら、奈落に落ちる」あらすじ

1984年夏、春子は原宿にある純喫茶アイドルで時給550円のアルバイトをしながらアイドルを目指していました。店主の甲斐からは応援されるものの、当時の芸能界は素人全盛時代。プロになろうとレッスンを積み重ねて来た春子には受難の時代でした。

その頃、春子と当時26歳だった荒巻との間に接点があったことを春子の手紙で初めて知ったアキは心から驚きました。一方、北三陸に行っていた水口が合宿所に戻り、ユイの父の容態が重篤でユイの上京が難しいと水口はアキに告げました。

ユイが上京しないなら北三陸に帰っても構わないと言う水口に、ユイをここに呼ぶためにもがんばると決意を固めるアキ。ちょうどその頃、ユイからも、もうすぐ上京できそうだというメールがアキにのもとに届きました。

2学期を迎え、アキは合宿所の近くの高校に通い始めました。朝から昼までは学校、夜は奈落でレッスン、ステージの裏方の仕事、合宿所に戻るとミーティングというハードな日々にめげそうになるアキ。そんな中、街角の屋台でアキはまめぶを売る安部と再会しました。

『あまちゃん』第13週 第76回
「おら、奈落に落ちる」感想

アキちゃんが強い!

ミズタクが今回、アキちゃんに放った言葉は、深く相手を傷つけかねない言葉ではないかと思います。ユイちゃんが上京できそうにないと告げた後に、無理してここにいなくてもいい、北三陸に帰っていい。

もちろんこの言葉はミズタクにとっての精一杯の気遣いなのはわかります。でも、主役が来ないなら君に最早用はないととられても決しておかしくはない言葉。劣等感の強い人がこの言葉を投げかけられた恐らくそんなふうに受け取るかと。

ところが、そんなあやうい言葉に対してアキちゃんが応じた言葉は、ユイをここに呼ぶためにも自分が居続ける。親友のユイちゃんのためにという一念がアキちゃんをここまで強くさせているのでしょうか。夏ばっぱの粋な性格の隔世遺伝なのかも知れません。

ところで、水口の帰ってもいいという言葉は善意で受け取る余地がありますが、太巻さんに振り付けを採用してもらったこと、シャドウに抜擢されたこと。これを「噛ませ犬」と斬って捨てて「それでもシャドウやる?」これは手厳し過ぎる。

こんなどぎつい言葉にもひるまなかったアキちゃん。やっぱりこの強さの秘密は春子さんに散々罵られ鍛え抜かれた賜物なのか。ブスと言われ、顔を二度も叩かれ、それでも母親に恨みすらもたない、幼少期には一体どんな育てられ方をしたのか知りたいものです。

話し変わって太巻さん。

46歳に見える実は26歳の太巻さんが女の子を連れて純喫茶アイドルに。あれはスカウトだったのでしょうか。するとバックダンサーの職を失ってからわずか一年ほどで芸能プロダクションを起業してしまったということなのか。

太巻さんの経歴がますます気になってきました。

<<前回75話 | 次回77話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ