あまちゃん 98話 鈴鹿が春子について質問

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年7月24日(火)
再放送:2015年7月28日(火)
第17週 第98話 「おら、悲しみがとまらねぇ」

『あまちゃん』第17週 第98回
「おら、悲しみがとまらねぇ」あらすじ

かつて春子が実家に帰ろうと上野駅に向かったものの、その後すぐに世田谷に引き返した理由をアキから問われても、春子はその時の記憶が蘇りません。世田谷に引き返す直前、夏に電話したことだけは覚えている春子ですが、夏は電話があったことすら覚えていません。

一方、鈴鹿ひろ美から母はどんな人かと訪ねられ返答に窮するアキは、昔、東京に出て来て歌手を目指した時期もあると説明。それを聞いた鈴鹿ひろ美は、母の夢を託されているのだからがんばらねばと励ますものの、春子の期待を重たく感じるアキでした。

アキは種市から、実家に帰った時に会ったユイの様子を尋ねられました。別人のような風貌になってしまったユイの話を聞かされ大きなショックを受ける種市でしたが、やっと立ち直りつつあるのだとアキはユイを擁護します。

その頃、アキが所属しているGMTの人気は伸び悩み、寮では毎晩のように反省会を繰り返していました。そんな中、寮に戻って来た水口が重大発表をはじめます。荒巻がGMTのデビュー曲つくっているというのです。

『あまちゃん』第17週 第98回
「おら、悲しみがとまらねぇ」感想

鈴鹿ひろ美は映画『猫に育てられた犬』の中で主人公の女の子の母親役。でも自分は母親役は嫌い。嫌いな母親役ばかりまわって来るとひとしきり愚痴をこぼしてからアキちゃんに質問「あんたのお母さんどんな人?」

鈴鹿ひろ美にこの質問をさせるための長い前置きだったようですが、何気なく尋ねたアキの母親は、実は鈴鹿ひろ美の影武者なのだから、何気ない質問が実はとても重たい質問。その重量感を出すための前置き、それが『猫に育てられた犬』だったんでしょうか。

これから物語に深く関わって来そうな質問対象の「母」と質問対象者。ひらたく言えば鈴鹿ひろ美と春子さんですが、間接的ながらも因縁の二人の再会。再会と言っても鈴鹿ひろ美は春子さんのことを知らないのでしょうが、いよいよ因縁の二人の物語がはじまりました。

今回の冒頭で、平成元年に上野駅に到着した直後に世田谷に引き返した謎。世田谷に引き返す直前に夏に電話したその会話の内容。それらは何か。因縁の二人の物語と関わって来るのか。とっても気になります。

追記:平成元年の頃は僕も世田谷に住んでましたが、世田谷から上野までタクシーで移動はかなり高くつく。ちょっとばかり違和感を感じました。世田谷から上野に出るなら、当時なら渋谷乗り換えで営団地下鉄で上野までが鉄板ルートかと。

<<前回97話 | 次回99話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ