あまちゃん 101話 アキが荒巻に解雇される

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年7月27日(金)
再放送:2015年7月31日(金)
第17週 第101話 「おら、悲しみがとまらねぇ」

『あまちゃん』第17週 第101回
「おら、悲しみがとまらねぇ」あらすじ

GMTがデビューできないのは自分が天野春子の娘であることが理由なのかと詰め寄られた荒巻は、アキと水口を社長室に招き入れると鈴鹿ひろ美が音痴であるという秘密を二人に打ち明け、唐突にアキを解雇してしまいました。

アキの解雇にGMTのメンバーたちは納得がゆきません。寮に帰ると水口を取り囲み、アキの解雇の理由は何なのか説明を求めるものの、鈴鹿ひろ美の秘密に関わることだけに水口もGMTのメンバーたちに口を割ることが出来ません。

その夜アキは、アイドルを目指していた頃の春子と遭遇する夢を見ました。アキのデビューをつぶしてしまったことを詫びる若き春子が『潮騒のメモリー』を歌い始めると、静御前に扮した鈴鹿ひろ美が私の『潮騒のメモリー』を歌うなと止めに入って来たのです。

悪夢から目を覚ましたアキに北三陸の春子から電話がかかって来ました。アキがホームシックにかかっているらしいとヒロシから聞かされ心配になって電話をしてきたのです。アキは解雇されたことを春子に告げ北三陸に帰りたいと弱音を吐きます。春子はこたえました。

「ダメよ」

『あまちゃん』第17週 第101回
「おら、悲しみがとまらねぇ」感想

春子さんが鈴鹿ひろ美の影武者だったという秘密が、春子さん、正宗さん、そして今回はついに太巻さんの口から語られ、三者の供述が一致したことから過去の秘密は疑う余地のないものとなってしまいました。

そんな秘密の過去に縛られつつも過去を直視することが何より恐ろしい太巻さん、過去を直視せずすむようにするためなのか、あからさまにアキ排除に乗り出しました。

「うちでは無理だよ、俺がつぶすから。何度這い上がっても奈落に落とすから」

過去にアイドルの卵をつぶしてしまった良心の呵責、危うい秘密の上に成り立っている自分の成功を守りたいという保身。アキちゃんが事務所にいると、毎日のようにこうした複雑な感情と面と向かうことになる。そのストレスは大変なものでしょう。

「俺がつぶす」「奈落に落とす」・・・良心の呵責に苦しむ太巻さんが、保身に走るもう一人の太巻さんがやりそうなことを、アキちゃんに警告しているようにも聞こえます。そして、ここにいて保身太巻につぶされる前に、解雇にすることによってアキちゃんを罠から逃がしてあげようとする呵責太巻の良心。

アキちゃんのいきなりの解雇通告に驚かされましたが、まだ劇中で説明されていない解雇の理由、そんなところにあるような気がします。

<<前回100話 | 次回102話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ