あまちゃん 107話 アキが事務所脱退を決意

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年8月2日(金)
再放送:2015年8月7日(金)
第18週 第107話 「おら、地元に帰ろう!?」

『あまちゃん』第18週 第107回
「おら、地元に帰ろう!?」あらすじ

GMTのレコーディングしたデビュー曲の仕上がりに満足できず「太巻マジック」を駆使して太巻は音源に手を加えました。しかし、太巻がメンバーたちに無断でまたっく異なる印象を持った曲に作り変えてしまったことが春子の逆鱗に触れてしまいました。

怒り心頭の春子が、奈落でレッスン中の荒巻のもとに怒鳴り込んで来ました。しかし荒巻も声を荒げて春子に反論した挙げ句に、企画倒れのGMTはどうせ売れはしない。そんなものに金は使いたくないと罵り始めます。

曲を勝手にアレンジするような真似を自分の娘にするのがどうしても許せないと激高する春子。怒る春子の言葉を聞いたアキは事務所を辞めることを決意しました。そして、アキはGMT解散だけはしないでくれと水口に土下座して頼み込みます。

アキの辞意を伝えに行った水口は、荒巻からアキの代りを探せと命令されるものの、アキの代りはいないと水口は荒巻に反論しました。一方の春子は、このままでは終わらせない。必ずアキをデビューさせ荒巻を後悔させると宣言するのでした。

『あまちゃん』第18週 第107回
「おら、地元に帰ろう!?」感想

前回、太巻さんを追って来た取材のカメラが捉えた映像から今回はスタート。「プロダクトA」という番組内で、前回謎を残して終わった「太巻マジック」が、ナレーターの口を借りて説明され、その映像の中で春子さんの乱入場面も登場。

太巻さんと春子さんの正面衝突、もし普通に描いていれば『あまちゃん』最大の見せ場というか修羅場になっていたかも知れません。朝っぱらから見るに耐えない修羅場になりかねない春子さん乱入を「プロダクトA」のオブラートをかけて演出。お見事です。

夢を壊され人生を棒に振った春子さんがその当事者を何年ぶりかで詰り倒す仇討ちみたいな場面を、「プロダクトA」のナレーターが「メンバーの保護者の一人がクレームを付けて来た、スタッフに緊張が走る」と事実のみを淡々と解説。修羅場回避の演出が素晴らしい!

修羅場も、ドキュメンタリー番組で紹介されたトラブルの一コマに矮小化されることでずいぶんマイルドになりました。

さて、昔の「太巻マジック」で鈴鹿ひろ美の影武者となりアイドルの道を絶たれた春子さんは「あんたが私の娘でなければこういう形でもいいかもしれない、でもママいやなの、どうしても許せない」とトラウマを爆発。

その春子さんの心の傷を察したアキちゃんの答えが男前過ぎる!「しょうがねえ、ここさ来る前からオラ、ママさ娘だ」と、躊躇していた事務所退所を決断。そのアキちゃんの心意気に応える春子さんも清々しい。「ママが絶対にデビューさせてやる、クビにしたことを後悔させてやる!」

ミズタクもついに反撃。「天野の代わりを探せ!」という太巻さんに「天野の代わりはいません!」太巻さんが仮想敵になることで、天野親子とミズタクの「男前」を堪能できました。ごちそうさまでした。

<<前回106話 | 次回108話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ