あまちゃん 108話 スリーJプロダクション

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年8月3日(土)
再放送:2015年8月8日(土)
第18週 第108話 「おら、地元に帰ろう!?」

『あまちゃん』第18週 第108回
「おら、地元に帰ろう!?」あらすじ

GMTのデビューを目前にしてアキは事務所をやめることになりました。アキを絶対にアイドルにしてあげると啖呵を切った春子でしたが、やることがないアキは純喫茶アイドルでアルバイト。アキは春子と同じ道をたどることになってしまいました。

一方で水口も事務所には出勤せず、アキがアルバイトをはじめた喫茶店で時間つぶしをはじめます。事務所からアキを追い出した太巻に対して、水口は勘がにぶったと暴言を吐いてしまい、事務所にいづらくなってしまったのです。

その頃、北三陸ではユイが海女をはじめていました。アキはユイに電話で仕事のない近況を報告し、春子を信じてもう少し頑張ってみると告げました。そんなアキをユイが励まします。自然とまわりに人が集まり皆を笑顔にさせるアキにはアイドルの資質があると。

そんなある日、春子が家族三人で芸能事務所をつくろうと言い始めました。春子が社長、アキが所属タレント、そして正宗が運転手のスリーJ( JJJ )プロダクションが発足。春子とアキは新しい夢に向かって動き出すのでした。

『あまちゃん』第18週 第108回
「おら、地元に帰ろう!?」感想

「勘がにぶったんじゃないですか!?」

ミズタクが太巻さんに宣戦布告!?アキちゃんがいなければGMTは売れないと挑発された太巻さんも売られた喧嘩を買うことに。

「俺が本気出したら1万じゃすまない、10万売ってやる。目にもの見せてやる」

思えば『あまちゃん』では、親族間以外の人間関係で登場人物どうしが激しく対立し、闘いが続くような構図がなかったかも知れません。それがついに勃発。太巻さんへの日頃の鬱憤をぶちまけたミズタク。こういう闘争は大好物、ワクワクしてきます。

アイドル論「アキちゃんと一緒になるとまわりが笑顔になる、だから人が集まって来る、それってアイドルの基本」。まったく同じことをミズタクとユイちゃんに語らせる状況をつくり、まったく同じ言葉でありながらユイちゃんの言葉だけにアキが感動する仕掛けの面白さ。アイドル論を正面から論じる照れくささも上手に回避。

そしてついに『 スリーJプロダクション( ‘ jjj ’ )/ 』発足。「こっから始めよう!」と宣言する春子さんの高揚感にしびれました。この高揚感こそ『あまちゃん』のハナです。

<<前回107話 | 次回109話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ