あまちゃん 114話 東京旅行を断念するユイ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年8月10日(土)
再放送:2015年8月15日(土)
第19週 第114話 「おらのハート、再点火」

『あまちゃん』第19週 第114回
「おらのハート、再点火」あらすじ

春子に呼び出されたアキが純喫茶アイドルに駆けつけると、そこには春子とともにユイの母・よしえがいました。家族と警察に知らせようと言い出す春子でしたが、よしえを街中で見かけたことは、すでにヒロシに伝えてあることをアキは白状しました。

よしえは、倒れた功に万が一のことがあったら残された自分はどうなるのか不安で家を飛び出したと家出の理由を語り始めます。そして、今の心境を春子に尋ねられ、寂しい、再び家族に会いたいと涙ながらに打ち明けるのでした。

そんなよしえに春子は「家出の先輩」として、敢えて厳しい言葉を投げかけます。人生は壊れたら壊れっぱなしで元には戻れない、残念でしたと。春子は夏との和解に25年もかかったことを告げ、家族との和解がどれほど難しいものかをよしえに諭しました。

よしえが見つかったという報せを聞いたユイは、自分を捨てた母親とどんな顔をして会ったら良いのかわからないと東京旅行をキャンセル。東京にどうしても行けない自分の運命をユイはアキにこぼします。一方で、夏はある目的のために、大吉とともに上京しました。

『あまちゃん』第19週 第114回
「おらのハート、再点火」感想

自分で家族を捨てておきながら、自分の逆境に酔っているちょっと勘違いしてそうなよしえさんへの春子さんの態度が厳しく優しい。「家出の先輩」だけに、今回の春子さんの言葉はいつもと違って理不尽なところが一片もなく一言々々が実に重い。

よしえさんが動揺するのも完全無視で「家族に知らせましょう、警察にも」ここから一気に春子さんが話しの流れをリード。寂しい、家族に会いたいというよしえさんに、甘い顔を一切見せず、甘い言葉も一切かけず、聞く耳も持たない。

「逆回転出来ないもんね人生は。壊れたら壊れっぱなし、残念でした」
「家出の先輩として一言、田舎をなめんなよ」

キッパリと言い切る春子さんに惚れ直しました。普通なら優しい言葉のひとつもかけそうななところを、壊れっぱなしを修復する困難さをよく知る春子さんだけに、楽観的な物言いを一切封印。よしえさんの覚悟がどれほどのものかを試したのでしょう。

さて、夏ばっぱが東京にやって来ました。付き添いは大吉さん。反モータリゼーションの大吉さんは銀座線で移動する気満々。しかし、上野駅からの移動は車。しかもその運転手は宿敵・正宗さん。どこまでも意地悪な脚本です。

<<前回113話 | 次回115話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ