朝ドラ『あさが来た』ヒロインの夫などキャストと実在モデルまとめ

本年9月28日スタートのNHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あさが来た』のキャストが発表されました。本記事では、発表されたヒロインの生家、ヒロインの嫁ぎ先、そしてヒロインの姉の嫁ぎ先の家ごとに整理し、実在モデルを付しました。

朝ドラ『あさが来た』メインキャスト

▼今井家【ヒロインの生家、呉服屋と両替屋を営む京都の豪商】
・今井あさ(ヒロイン)・・・・・・・・・・・波瑠
・今井はつ(ヒロインの姉)・・・・・・・・・宮崎あおい
・今井忠興(ヒロインの父、今井家当主)・・・升毅
・今井梨江(ヒロインの母)・・・・・・・・・寺島しのぶ
・今井忠政(ヒロインの祖父)・・・・・・・・林与一
・うめ(あさが生まれた時からのお世話係)・・友近

▼白岡家【ヒロインの嫁ぎ先、両替商「加野屋」】
・白岡あさ(ヒロイン)・・・・・・・・・・・波瑠
・白岡新次郎(ヒロインの夫)・・・・・・・・玉木宏
・白岡正吉(新次郎の父)・・・・・・・・・・近藤正臣
・白岡よの(新次郎の母)・・・・・・・・・・風吹ジュン
・雁助(加野屋の大番頭)・・・・・・・・・・山内圭哉
・亀助(加野屋の中番頭)・・・・・・・・・・三宅弘城

▼眉山家【ヒロインの姉・はつの嫁ぎ先、大阪の両替商「山王寺屋」】
・眉山はつ(ヒロインの姉)・・・・・・・・・宮崎あおい
・眉山惣兵衛(はつの夫)・・・・・・・・・・柄本佑
・眉山栄達(惣兵衛の父)・・・・・・・・・・辰巳琢郎
・眉山菊(惣兵衛の母)・・・・・・・・・・・萬田久子

▼その他
・うめ(あさが生まれた時からのお世話係)・・友近
・五代友厚(あさを叱咤激励する師)・・・・・DEAN FUJIOKA
・美和(新次郎の三味線の師匠)・・・・・・・野々すみ花

朝ドラ『あさが来た』メインキャストの実在モデル

▼今井家【三井家、京都の豪商・油小路三井家】
・今井あさ(ヒロイン)・・・・・・・・・・・三井浅子(幼名:三井照)
・今井はつ(ヒロインの姉)・・・・・・・・・三井春
・今井忠興(ヒロインの父、今井家当主)・・・三井高益(小石川三井家6代当主)
・今井梨江(ヒロインの母)・・・・・・・・・三井貞(貞は実母、正室は孝)
・今井忠政(ヒロインの祖父)・・・・・・・・三井高経(小石川三井家5代当主)

▼白岡家【広岡家、両替商「加島屋」】
・白岡あさ(ヒロイン)・・・・・・・・・・・広岡浅子
・白岡新次郎(ヒロインの夫)・・・・・・・・広岡信五郎
・白岡正吉(新次郎の父)・・・・・・・・・・広岡久右衛門正饒(広岡家8代当主)
・白岡よの(新次郎の母)・・・・・・・・・・広岡よね
・雁助(加野屋の大番頭)・・・・・・・・・・利助(加島屋の老分)

▼眉山家【大眉家、両替商「天王寺屋」】
・眉山はつ(ヒロインの姉)・・・・・・・・・大眉春
・眉山惣兵衛(はつの夫)・・・・・・・・・・大眉五兵衛

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

16 Responses to “朝ドラ『あさが来た』ヒロインの夫などキャストと実在モデルまとめ”

  1. koji より:

    戦役(せんえき)

    さすがによくご存知ですね。

    因みに僕の地区の神社には

    明治三十七八年戦役(日露戦争)の戦勝記念の灯籠があります。

    その灯籠に当時の従軍者の名前が刻まれていて僕の父の父の父の父の名前も刻まれています。

    自分から遡って直系の四代前です。

    何祖父やったか忘れてしもたわ(^_^;)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 戦役(せんえき)

      『カーネーション』で善三お父ちゃんが「戦役(せんえき)」と言っていたので、それをそのまま使いました(笑)

  2. えびすこ より:

    大河ドラマが明治に入ると朝ドラの新番組では幕末から始まる。なんかねじれていますね。
    花燃ゆは年月の経過が遅いから(でも放送前の時点で「主人公が40代までの時期は扱う」と聞いています。)しょうがないですね。4分の3消化でようやく明治になりますから。八重の桜の時も中盤がスローでしたがそれよりも明治を迎えるのが遅いので。

    あさが来たは前半が幕末期ですが、時間を考えると朝ドラでは幕末期の戦いの場面はないと思います。少なくとも主人公本人は戦闘にからんでいないから。あと半分は時代劇の形式ですが、1回15分なので変なタイミングで「明日へ続く」と言う様な事はないでしょう。
    さっきHPを見ましたが予告編動画はまだないですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      映像の初公開は9月15日(火、午前4時10分~4時12分)NHK総合で放送の「NHKプレマップ」が主題歌と合わせて初公開となるようです。続いて翌週9月22日(火、午前8時15分~8時40分)同じくNHK総合で「もうすぐ『あさが来た』」を放送。これらのタイミングで動画が登場しはじめるものと思われます。

  3. koji より:

    幕末から大正にかけての物語となれば倒幕や明治維新、日清日露の両戦争も絡んでくるのでしょうか?。

    特に放送開始時点では大河の「花燃ゆ」と時期が重なるかもですね。。。

    これまでの朝ドラでは太平洋戦争は幾度となくでしたが日清日露の描き方は本作の見所のひとつになるかもですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      原案小説を読む限り、倒幕と明治維新はとても重要な要素になるかも知れません。一方、日清日露の戦役は物語にさほどの影響を与えないかも知れません。

  4. ※※雄太 より:

    あさが来たの後半は、内藤大助と、虻川美穂子と、ウエンツ瑛士と、ぴあののヒロインの、純名里沙と、私の青空のヒロインの、田畑智子と、オードリーのヒロインの、岡本綾と、てるてる家族のヒロインの、石原さとみと、天花のヒロインの、藤澤恵麻と、純情きらりの桜子の夫松井達彦やくの、福士誠治と、原田知世10人を後半に出て欲しいです。

  5. ※※雄太 より:

    連続ドラマ小説あさが来たの後半で、安藤美姫が出て欲しいです。

  6. tonden より:

    そういえば原作だと市川房江出てきますが、誰が演じるんでしょうかね?
    あとテーマソングも気になるところ。
    恐らくクラシックとかイージーリスニングっぽい感じになりそうな気がしますが。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      大河ドラマ並みに歴史上の人物が登場するので配役が楽しみですね。
      また大河と異なり朝ドラは人物をコミカルに描くので、歴史上の人物の描かれ方も気になるところです。

  7. koji より:

    それにしても2016年度前期のヒロイン役は誰になるのか?。

    個人的には本作もしくは前作の若手女優さんが選ばれると嬉しいです(^_^)。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > 個人的には本作もしくは前作の若手女優さんが選ばれると嬉しいです

      僕は希望としては、

      ・『マッサン』ですみれちゃんを演じた早見あかりさん
      ・『花子とアン』で醍醐さまを演じた高梨臨さん

      この二人のヒロインを観てみたいと切に願っています。

      追記:醍醐=大悟、名前つながり発見です。

  8. えびすこ より:

    私を含むみなさんのこの3日分のコメントがまだ表示していないですが、後で一括して表示しますか?
    あさが来たの配役が発表されたので、次は真田丸の配役と花燃ゆの後半・終盤のキャストの発表ですね。
    昨年5月に真田丸の制作が発表されたのは、真田幸村の命日の頃と言う理由があったのかも。最初「なぜ5月と言う早期に?」と思いました。配役発表も命日前後の頃かも。
    ところで大河ドラマの配役は「放送中の作品」の場合は、春に発表することがあまりないですね。いまのところ花燃ゆでは後半・終盤の重要人物(7月以降登場)の配役が未定ですね。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      お待たせしました。三日ほど『まれ』のまとめに集中していました。
      発表といえば『まれ』の制作発表があったのが昨年の5月半ばでした。『あさが来た』の次作発表が間もなくですね。『あさが来た』は5月から撮影開始だそうです。時代から言って、また明治村が大活躍ですね。

  9. えびすこ より:

    宮崎あおいさんが主人公のお姉さん役ですか。やや意外な配役ですね。
    かつての朝ドラヒロインが何年か後に出ることはありますが、近親者の役と言うのは「親の世代の人」以外だとあまりないかも。
    主人公の姉と言う続柄は波瑠さんと年齢が近いので適任だと思います。
    近藤正臣さん、いつの間にか朝ドラ常連になっていますね。
    実は宮崎あおいさんに関しては、「花燃ゆで2回目の篤姫役をやるのでは?」と見ていますが、まだ可能性がありますね。ちなみに宮崎さんは最年少の大河ドラマの主役(経験者)です。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      宮崎あおいさんのほうが童顔なので、妹という感じがしないでもないですね。でも、ヒロインは女傑タイプの特別な存在。姉よりも大人びた顔をしているほうが自然なのかも知れません。
      近藤正臣さん、ヒロインの義父という役柄は『ごちそうさん』と同じ立ち位置ですね。しかし、『ごちそうさん』の捨蔵師匠のようなあやしいキャラにはならなさそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ