まれ 41話 大悟に修行を願い出る希

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年5月15日(金)放送
第7週 第41話 「横浜激辛プチガトー」

『まれ』第7週 第41話 「横浜激辛プチガトー」あらすじ

希の目の前に姿を現したその男・池畑大悟は、かつて金沢で開かれたロールケーキ甲子園で希の作品を酷評した審査員でした。希はこの店で修行させてもらいたいと懇願するものの、大悟は希の願いを一蹴します。

この店の営業再開は金輪際ないと宣言し店を飛び出す大悟を希は追跡しました。しかし、大悟にまかれてしまった希は空腹を感じ、高志がアルバイトする中華料理屋の「天中殺」へ。希はそこで不機嫌な大悟の姿を見つけました。

高志が希のお菓子ノートを大悟に見せました。大悟のケーキを想像しながら描いた希の絵を見た大悟は激怒。自分のケーキはこんなに不味くないと憤然と立ち上がると店に戻り、大悟はケーキづくりを再開。店の営業も再開させました。

自分のケーキへの客の反応をじっと見つめる大悟の真剣な眼差しを見て、希は大悟のケーキが美味しい理由を理解しました。希は再び修行を懇願。折りよくスタッフの欠員が出て、一ヶ月間の試用という条件つきで希は大悟の店に入ることが出来るのでした。

<<前回40話 | 次回42話>>

『まれ』第7週 第41話 「横浜激辛プチガトー」
 事前発表あらすじのレビューと解説

希のパティシエ修行の際の師匠となる大悟(小日向文世)が初登場ではなく再登場。「初」ではなく「再」となるのは、希が高校卒業直前に挑んだロールケーキ甲子園で、希の作品を口を極めて酷評した辛辣な審査員が実は大悟だったからです。

通常のドラマであれば、再会した縁で希は弟子入りという展開にでもなるのでしょうが、まことに残念ながら大悟は、そのようなありふれた展開は期待出来ない変人のようです。

しかも大悟の変人ぶりは対人関係についてだけ発揮されるのでなく、むしろ仕事上においてその強烈な変人ぶりが炸裂。ケーキの出来映えに満足出来ずに閉店、常連客がいつものケーキを買わなかったからと言って閉店。閉店狂とでも言うべき変人です。

悪く言えば変人ですが、良く言えばものづくりに徹底してストイックな姿勢を貫き通す頑固一徹の職人。理想のケーキの味を見つけるまで安易な妥協をしなかった希も、悪く言えば変人。採用即入店キャンセルなど、相当の変わり者でなければ出来る芸当ではありません。

時間はかかるかも知れませんが、希と大悟はいつしか心からわかり合える日が来るかも知れません。しかし、変人どうし、どんな形でどんな顔をしてお互いをわかり合える場面を迎えることになるのか。あっと驚く「わかり合い」を見せてもらいたいと切に願っています。

『まれ』第7週 第41話 「横浜激辛プチガトー」
 朝ドラ観賞後の感想

良く言えば子供も大人も分け隔てなく接する。悪く言えば相手に応じて態度や口調を変える臨機応変さが完璧なまでに欠落している大悟さんのお菓子馬鹿ぶりの描写がたまらない。

子供を泣かせても尚、厳しさを極めた口調で意見を尋ねる、というか問い詰める大悟さん。子供がそのまま大人になってしまったのが大悟さんという人物なのかも知れません。自分が子供だから子供を泣かせても大人としての自責の念を感じることがないのでしょうか。

しかし、変人の極みながらも、些細な表情も見逃さないとばかりにお客さんの反応を真剣に観察する大悟さんの表情に心打たれました。

輪島塗の紺谷弥太郎さんに比肩しうる洋菓子界の巨匠が登場し、洋菓子の匠の技が披露されたことでやっと『まれ』のお題が本格的にスタートです。(「やっと」とは言っても『花子とアン』や『マッサン』より早いですが)

『まれ』の開始にあたり、『まれ』の製菓指導を担当されるパティシエの辻口氏や、辻口氏の師匠の一人、「オーボンヴュータン」の河田勝彦氏の著作などを読み込みましたが、洋菓子の世界も前作のウイスキーの世界に負けず劣らず深い!

これから『まれ』の映像を彩る、華やかな洋菓子の世界、期待せずにはいられません。

▼ポイントレビュー
・希ちゃんのちょっこし無礼な指差しに反応しない大悟さんの器が大きい!
・中華料理人・珍さんがたまらなく好きです。
・輪子さんは大人気の占い師みたいです。新宿の母ならぬ「横浜中華街の母」?
・娘にやっとケーキを食べさせてあげられた米田お父ちゃん。もう可愛い娘に会えないのかと思うと泣けました。決して泣く場面ではないのに。

<<前回40話 | 次回42話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

4 Responses to “まれ 41話 大悟に修行を願い出る希”

  1. たけ より:

    少し遅れましたが、希が採用されたのは、あだちさんが辞めたからですが、この人はロールケーキ甲子園の優勝者の安達さんでしょうか⁈

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      言われてみれば両方とも「あだち」さんですね!全然気がつきませんでした。ロールケーキ甲子園の安達さんと同一人物かどうかは定かではありませんが、優勝を機に大悟さんの店に入店したというのは十分考えられると思います。

  2. tonden より:

    あの店に希ちゃんが加わると、変人揃いの変わった店になりそうな感じですね。
    あと希ちゃんのキャラ設定変わってるという声ありますが、両親のせいで夢を封印していたのが解放されたことで、夢を持つ前の希ちゃんに戻っただけと言う解釈もできるかなと思います。
    例えていうなら今まで我慢していたものを一気に吐き出してる感じといいましょうか。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > あと希ちゃんのキャラ設定変わってるという声ありますが、
      > 両親のせいで夢を封印していたのが解放されたことで、
      > 夢を持つ前の希ちゃんに戻っただけと言う解釈もできるかなと思います。

      鋭い洞察ですね!開放感に加えて新しい人生をスタートするにあたり
      自分を変えようという気持ちが強く働いたのかも知れませんね。

      ご高察、大変勉強になりました。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ