まれ 50話 徹の改心/東京から誘い

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』
2015年5月26日(火)放送
第9週 第50話 「再出発エンゲージケーキ」

『まれ』第9週 第50話 「再出発エンゲージケーキ」あらすじ

両親を案ずる希は、徹と藍子のそれぞれか本心を聞き出そうとしました。藍子は離婚を切り出した理由を整理しきれておらず、そんな藍子に徹は戸惑っていました。戸惑う徹に文が言いました。徹をダメにしているのは他ならぬ自分だと藍子が考えているのではないかと。

かつて幸枝は言いました。藍子が逃げ道をつくっているから徹はいつまで経ってもダメなままなのだと。その幸枝の言葉を文に聞かされた徹は藍子に告げました。悪いのは藍子ではなく自分なのだと。そして、今度こそ改心して家族を大切にすると誓いうのでした。

藍子が徹の言葉に心を動かされたその時、徹に電話がかかって来ました。東京の友人のIT事業を営む新会社が軌道に乗ったため、一緒にやらないかと徹を誘って来たのです。その気になり眼を輝かせる徹に、藍子はとうとう愛想を尽かしてしまいます。

そして大晦日を迎えました。面々が正月を迎える準備で慌ただしく過ごす中、一徹は両親に意外な提案をしはじめます。徹が東京の友人の会社で働くのは良い選択だ。藍子も徹と一緒に東京に戻ってはどうかと。

<<前回49話 | 次回51話>>

『まれ』第9週 第50話 「再出発エンゲージケーキ」
 事前発表あらすじのレビューと解説

幸枝は言いました。藍子が徹にいつでも帰る場所を与えることで、徹の夢を潰している。徹を飼い殺しにしていると。退路を絶って夢に挑んだ幸枝だからこそ、退路があることでいつまで経っても夢を実現出来ない徹を不甲斐ないというより気の毒にすら感じたのでしょう。

そして幸枝自身が断腸の思いで退路を絶った経験に基づいた言葉だったからこそ、藍子の心に響いた。かつて、出稼ぎに出た徹が夢を実現したまま帰って来たことを藍子は激怒していました。しかし、怒るべきは対象は徹でなく自分だった。徹の帰りを待ち、徹に帰る場所を与えてしまった自分に非があったのだ。藍子はそこまで思い詰めたのかも知れません。

退路を経つ覚悟はそもそも徹自身が固めるもの。しかし、藍子と結婚した徹にはその選択肢はなかったはずです。退路を絶った=家族を捨てて夢を選んだ母に傷つけられた藍子を幸福にすることが徹の願いであり、結婚の約束だったからです。

藍子も重々承知しているはずです。徹には自分で退路を断つ選択肢がないことを。だから藍子が徹を捨てたというよりも、徹が家族を捨てる状況をつくったのが今回の離婚騒動の本質かも知れません。

藍子の退路を絶つ覚悟は母親譲りかも知れません。血は争えませんね。

『まれ』第9週 第50話 「再出発エンゲージケーキ」
 朝ドラ観賞後の感想

夢を追っては叱られ、夢を諦めても叱られる。一体どうしたらいいのと戸惑う徹さんの指摘通り、迷いに迷う藍子さん。藍子さんの迷いを整理してみました。

△「夢を追っては叱られ」= 徹さんの夢を否定
・夢より家族が大事という徹さんの言葉に心を動かされる
・東京からの誘いに眼を輝かせる徹さんに愛想を尽かす

△「夢を諦めても叱られる」= 徹さんの夢を肯定
・夢を諦めた今の徹さんを見たくない
・夢を追っているお徹さんといると強くなれる

徹さんが夢を追っては叱り、夢を諦めても叱る。一見、矛盾しているように見える藍子さんの言動ですが、共通しているのはいずれの場合も徹さんが「残念なお父さん」だという事実です。夢を追っても残念な徹さん、夢を諦めても残念な徹さん。

その残念ぶりに落胆しているのでしょう。そして、藍子さんの胸中を鋭く洞察した文さんの指摘通り、残念な徹さんにしてしまったのは自分なのだと自責の念に苦しんでいるのかも知れません。

▼ポイントレビュー
・元治さんの祭り馬鹿を久しぶりに見た
・みのりちゃんが何かをほのめかしはじめた
・一徹くんもわざわざ寒い外に出て電話
・はるさんに怒鳴られシュンとなる元治さんが可愛い

<<前回49話 | 次回51話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

4 Responses to “まれ 50話 徹の改心/東京から誘い”

  1. Part2c より:

    はじめまして。いつも楽しく拝見しております。
    私も、高志が好きなのは希なのではと思っています。
    理由は同じ、大悟さんを追いかけての抗議。

    でも、高志の恋は報われず、その想いを歌に託す‥それがヒットしてミュージシャンの夢が叶うのではと妄想しています(笑)

    これからもおじゃまさせていただきます!

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。

      > でも、高志の恋は報われず、その想いを歌に託す‥
      > それがヒットしてミュージシャンの夢が叶うのではと妄想しています(笑)

      この展開すごいですね!ここまで想像が及びませんでした。

      なかなか売れずに行き詰まっていた高志くんが、失恋の失意の中で書き上げた曲が
      大ブレイクを果たす。

      素敵過ぎます。

      今後とも当ブログをよろしくお願い致します。

  2. ちぃちぃ より:

    はじめまして。
    朝蔵さんがテレビの前でツッコミを入れたり、怒ったり、涙を拭ったりしているところを想像しながら、レビュー・感想を読ませていただいています。
    これまでの『まれ』を見ていて、今私が一番気になっている登場人物は、高志君です。
    なぜ口をきかないのか。また、能登での同級生たちの中で、唯一家族のことが全く語られていないことなど、とても謎が多い人物です。
    朝蔵さんのレビューによると、好きな人がいる模様ですね。
    私は、彼の好きな相手は希ちゃんなんじゃないかと勝手に想像しています。
    能登と横浜でそれぞれ繰り広げられる三角(四角?)関係の中に高志も加わってますますややこしくなる日を心待ちにしております。
    それでは、今後も朝蔵さんのレビュー・感想、楽しみにしております。

    • 朝蔵(あさぞう) より:

      コメントありがとうございます。
      高志くんは僕も一番気になるキャラです。
      高志くんが好きなのは希ちゃん、実は僕もそんな気がしています。
      決して声を出さない高志くんが、希ちゃんをクズ呼ばわりした大悟さんに意を決して抗議しましたが、それだけの思いがなければあそこまでは出来なかったと思います。
      高志くんの謎が解き明かされる日が本当に楽しみですね!

      今後とも当ブログをよろしくお願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ